毎回お世話になっているAmazon(だと思わせる)のCostumer Careというところから、こんなメールが届きました。

この内容。

一瞬かなり焦りました。

カスタマーケアとその時に勝手に読んだのですが、もしかしたらcustomerの間違いか?

costumerだと衣装係とか貸衣装屋とかの意味だし。

今だから言える(笑)

 

とにかくかなり焦る内容

銀行などからフィッシング詐欺メールに注意と何度もお知らせを受け取っていて、「あ〜、わかってますって」というわたしでしたが、初めて受け取ったこの手のメールにかなり焦りました。

URLがGoogleの短縮リンクなのはちょっとおかしいなと思いながらもクリックしました。←オススメしません。

おかしいなと感じているのにクリックしてしまうこの心理状態にゾッとします。

(後からウィルスが入っていないか自分のPCを確認済み。)

すると公式サイトそっくりの画面が現れます。
フィッシング詐欺メール
噂通り、本当にそのままAmazonです。

ここでメールアドレスを入力しようとしてハタと気づきました。

まてよ、サービスが現在中断とあるけれど、今日もAmazonから送られて来たものを受け取っているし…。

ということでAmazonのサイトを開いたら、いつも通りの平和な様子。

一気に冷静になれました。

 

頭を冷やせばツッコミどころ満載

フィッシング詐欺メール
・考えてみればかなりAmazonを利用しているのに、いきなりこんなアカウント停止どころか削除のメールを出すのはマトモな企業だったらやらない。

・差出人がAmazonではない。

・リンクが短縮リンクなのはおかしい

・ダメ押しの重要と記載されている内容が、あまりにも強気で非常識でおかしいなと感じさせる。

・サインインの画像が、恐ろしくシンプルで(サインインの部分だけ)切り取られたような画面。

それにしても、いきなりこういうメールが来ると、自分に落ち度があったのかと思って慌てて冷静さを失う自分を知ることができて、今回はいい経験でした〜。

ちなみにunsubscribeのリンクはクリックしていません。

 

自分の迷惑メールフォルダーをのぞいてみた

今回こういうメールを受け取ったので、何気にいつもなら見ない迷惑メールフォルダーを開いて見ました。

そうしたら、このAmazonをかたったメールは以前にも来ていて、しかもAppleをかたったメールも来ていたことがわかりました。

そのほかにもFacebookからをよそおったものも。

メールでパスワードやIDを求められることはないとわかっていても、緊急性やこちらに落ち度があったかのようの書かれていると冷静さをなくしてしまいます。

どうか気をつけてください。

 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。