Tileは、カギなど落としたり置き忘れたりしたときのために付けておくタグです。

Bluetoothで接続され、電子音、そして近くにない場合アプリで地図上(最後にBluetoothで接続されていた箇所を表示)で知らせてくれます。

 

購入したら、アプリをインストール

Tileのアプリ画面
iPhoneの場合‘tile’で検索するとすぐ出てきます。

無料でダウンロードできます。

 

 

すると、こんな画面(わたしが登録しているもにがすでに写っていますが)の左上+(プラス)のマークがあるのでそこをクリックします。

 

 

 

Add a Tileという表示が出てくるので、ここをクリックです

 

 

 

 

そしてこの画面になるので、上の段のTileをクリックしてください。

 

Original か Slim 、 Mate、Style、Sports と選ぶ画面が出てきます。
(画面は、StyleとSportが出る前のものです。)

一番下のBuy Tile は無視してください。(2017年6月現在。日本は公式ホームページからは買うことができないです。)

Slim か Mate か該当する方を選びます。

(Original は日本はないです。2017年6月現在)

 

 

 

 

iPhoneとペアリング

画像のように中央の Tileと表記されているところをクリックです。

 

 

 


そうしたら、iphoneに近づけてください。

これでBluetoothでペアリングするので、接続が完了です。

あとはカギなのかそれともお財布なのか聞いてきますので、該当するところをクリックします。

どれも当てはまらない場合は、一番下に otherとあるのでクリックして名前を入力して作ることができます。

複数のTileがある場合は、これを繰り返します。

 

こんな記事も書いています






 

 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。