朝早くに、気持ちよく目覚めて一日をスタートさせる快適さと効率の良さに遅ればせながら気づき始めました。

思考能力や判断することが早くなって、タスクをスムーズに消化することができるのです。

そうなると気分も上がって、いいことづくめ。

一日は、これほど時間があったのかと驚き。

感覚的には30時間になったような感じです。

 

きっかけは自分の周りの人々が、朝の時間を有効に使うことの素晴らしさをブログやメールマガジンで語っていたこと。

いかに一日を充実した良質のものにするか絶えず研究、トライしていることに心を動かされたのです。

 

そこで“「早起き」の技術 ” という本を読んで、どのように習慣づけていったらいいのか勉強してみました。

正直のところ、自分の根性論だけでは続かないな感じたからです。

 

良くないとわかっているけれどやめられないことを、止めることにしました

やめられないこと、それは眠る前のひとときをiPhoneやiPadを見てすごすことです。

一日が終わってベッドに入ると、至福のリラックスタイム!

眠るのがもったいないという感覚なのです。

それを止めることにしました。

 

朝の爽快感、調子よく進む一日と、眠る前にSNSやオンデマンド配信の番組を見る楽しみとを天秤にかけたのです。

 

早く眠りにつくための環境作り

といっても、ついついベッドサイドにあるiPhoneに手が伸びたりするので、眠る前にデバイス類は全てワーキングデスクの上に置いて充電。

寝室には持ち込まないことにしました。

これは効きます。

 

そしてこの機会に、もう少し睡眠に投資することにしたのです。

まず10年くらいたったくたびれたベッドのマットレスを買い換えました。

今度は今まで使っていたものより上質なものに。

また、ベッドサイドの明かりも調光機能のあるものに変更。

 

今はそれらが到着するのを待っています。

追ってまた感想を書く予定です。

 

こんな記事も書いています

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。