今日から(2017/07/11)10年ぶりくらいに、枕元に目覚まし時計がある生活になりました。

携帯電話が登場して、それにアラーム機能が付いてからは(目覚まし時計の)必要性を感じなくなってしまいまっていて。

そのとき使っていた年季の入ったものが壊れたとき、新たに購入することもなく今まできていました。

 

目覚まし時計のある生活が復活したわけは、寝室にiPhoneをはじめとするデバイス類は持ち込まないことにしたからです。

速やかに眠りに入るためには、ブルーライトは避けた方がいいのはわかっていたのですが。

枕元にデバイスがあると、ついつい手が伸びてしまうのです。

そこで苦肉の策?として、寝室にそれらを持ち込まないことに決めました。

すると起きたときなど今が何時かわからないことに気づいて、目覚まし時計がベッドサイドのテーブルある生活が、めでたく復活したのです。

 

自分のベッドのフレームが革製なのとベッドサイドのテーブルは木製なので、プラスチック以外の素材の目覚ましが欲しくて、けっこう探しました。

枕元に時計のある風景が、なんだか懐かしいです。

 

こんな記事も書いています


広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。