iPhoneをどこに置いたか忘れて探し回ることがあります。

固定電話から電話してみてもマナーモードになっていると、どこにあるかわかりにくいです。

マナーモードでなくてもAppleの場合、全てのデバイスが音をだすので、余計にわからなくなったりした経験が何度かありました。(Apple Watchをお持ちの方は該当しないです。)

Tile(タイル)は、鍵をどこに置いたのか出がけに忘れることがあって、購入しました。

Tileの場合、アプリを入れているiPhoneを探すときは、タグ本体の真ん中のロゴのマークを押すと、自動的にiPhoneのマナーモードか外れて、ボリュームも上がって電子音がなります。

どこにあるか、一発でわかるのが最高。

難点は、あまりに音がけたたましくてちょっとドキッすることです。

Tileの反応は、タグを押せばすぐに鳴り響く、レスポンスの良さもいいところです。

Tile自体の電子音は、それほど大きくないです。

追記:2017年6月11日

置き忘れ防止タグのWistikiもiPhoneを探すときは、マナーモードが解除されて大きな電子音がすることを確認しています。

 

 

こんな記事も書いています



Tile公式ホームページ

 

 

広告

この記事を書いた人

マリ

マリ

マリです。
わたしににとってブログは、その時々に感じたことや考えたことを、飾らずに書き留めている日々の記録です。
もしこれらの記事がどなたかのお役に立ったり、共感を得ていただけたとしたら嬉しいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。