グレヴィレア・ピーチズアンドクリームは丈夫で育てやすい植物です。

水はけの良い弱酸性の培養土に植えれば、日本の植物ほど肥料(リン酸の入ったいないもの)も必要なく、関東ですとほぼ四季咲きと言っていいほどよく咲きます。

色の移り変わりが美しく、最初に育てる大輪系グレヴィレアとしておすすめです。

 

グレヴィレア・ピーチズアンドクリーム

学名:Grevillea ‘Peaches and Cream’)

科名:ヤマモガシ科 半耐寒性常緑樹(−4℃/目安)

樹形:シュラブ(根元から枝分かれする/やや這性)

大きさ:幅と高さ共に1〜2m(目安/花後の剪定で大きさを調整できます)

花期:春、5月下旬から6月の始めあたりがメインですが、関東ではほぼ四季咲き

花色:レモンイエローからピンク、最後には全体がコーラルピンクになる美花

培養土:水はけの良い弱酸性のもの

日当たり :日向か半日陰

グレヴィレア・ピーチズアンドクリームの育て方

水やりの目安:鉢土の表面が乾いて、さらに指で軽く2〜3㎝掘ってみても乾いていたら、鉢の底から水が流れ落ちるくらいたっぷりとやる

気温が高くなる真夏は、一日だ乾いてしまうこともあるので注意してください。

過湿を嫌うので、培養土は水はけ水もちのよい専用培養土、ネイティネイティブの土が便利で失敗が少ないです。

 

肥料:リン酸(P)が入っていないもの

手に入らないときは、バイオゴールドのバイタルV-RNAシーソルが肥料の代わりになります。

規定量に薄めて、水やりが終わったあとにやってください。

耐病性が高く、虫もつきにくいです。

関連記事

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。