年齢を重ねると、旅行のとき「これだけは忘れてはいけない」というものが増えてくるような気がします。

若い頃はパスポートと現金(クレジットカード)は、何があっても忘れてはいけないもでした。

現代は、これにiPhone(スマートフォン)が加わって、まさに旅行の三種の神器と言えます。

50代も半ばになったら、これにもう一つ加わりました。

 

老眼になり始めて、人生初のメガネがないと細かい文字が読みづらくなってしまった

いまだに視力は1.5、日常生活は取扱説明書をや読書のときくらいしか、必要性を感じないくらいなのですが。

私も年をとったのだと。

旅先では、特にホテルのチェックインの時や、空港のATMで現金を引き出すときなど、母国語以外だど普段より目を凝らして読み取る(解読する?)感じなのでメガネが必携となりました。

とにかく人生50年、裸眼の生活だったので、ついうっかり忘れそうになるのです。

しかもこの手のものは、現地で何入れることは困難です。

ということで、メガネは旅の四種の神器となり、めでたく必需品の仲間入りをしました。

念のため、予備のメガネも持っていきます。

正直、自分の目に、ときどきイライラしたりします。

軽くて、最高におしゃれな老眼鏡にしていますが、このネーミングが年寄りになったのだと言われているような気がして、へこみます。

 

旅行に持っていくもののチェックリストは、捨てないことに

以前は、旅行に持って行くもののチェックリストは、紙に書き出して終わったら捨てていたけれど。

最近、疲れていたりするとうっかり忘れをするようになったので、次の旅行をスムーズにするために取っておくことにしました。

(モバイルバッテリーを持っていたのに、USBケーブルを忘れた苦い経験があります。ホテルの部屋に付いていたのですが、取り外せなかったので、外出先で給電できなかった…。)

旅の準備は楽しいけれど、最近、うっかり忘れに要注意のわたしです。

 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。