街中を歩くと、中高年といわれる年代の女性の服装の色がダークな色ばかりなことに気づきます。

わたしも40代まではモノトーンが好きで、今でも好きです。

 

でも、肌の色がくすんでくる年代がダークな色だけでファッションをまとめると、いっそう肌の色が暗くみえるなと感じています。

 

肌の色のくすみがハッキリしてくる中高年は明るい配色とリレーティブカラーで

肌の色がくすんでくる中高年、とりわけ50代以上は、明るい配色の柄ものをファッションにとりいれて。

リレーティブカラーで全体をまとめるとおしゃれにみえます。

 

わたしは、柄の入ったものは昔は苦手でしたが、その柄の中に使われている色のどれかを、ボトムなりアクセサリー、靴などでコーディネートすると、全体が明るく見えて肌映りがよいことを50代の今は実感しています。

柄の入ったものは、色の組み合わせの選択の範囲が多くなるので、とても使いやすいのです。

カラフルなサンダルでも、シャツの柄にリレーティブカラーがあれば、センスが良く見えてうるさくならないのです。

 

モノトーンが似合わなくなる中高年

モノトーンの服装は、いわばエッジが効いているので、肌がくすんでくると中高年には、むずかしい色がです。

極限まで鍛えているプロのバレエダンサーの方などのわずかな例外を除いて、基本的に若い人の色といえます。

 

人と違う服装を恐れないようにしています

50代で華やかな色をきていると、ひとこと「ハデね」と言われたりしますが、人と違ううことを恐れる必要はないはずです。

自分のセンスを信じて、綺麗な色の組み合わせを楽しんでいくつもりでいます。

 

それにしても、昨年は似合っていたものが、今年はしっくりこないとうこともあって、悩ましてです。

 

こんな記事も書いています





広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。