2018年1月18〜20日まで、わたしはベトナム、ホーチミンルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴンに泊まりました。

空港に到着して早々に、自分のiPhoneが、現地のSIMカードでアクティベートしないトラブルに見舞われ、なんとかホテルにたどり着いた、というのがフロントに立ったときのわたしの心境でした。

そのときの記事です。

余談ですが、これを経験してからiPhoneの二台持ちを決めました。

 

フロントでの優しい笑顔のスタッフ、そして驚きの部屋のアップグレード

クタクタで、きっとわたしは仏頂面だったかもしれないのに、フロントの方の対応は極めつけに丁寧で優しかったです。

そして、わたしを見てキラリンと目を光らせておっしゃいました。

「いいお部屋をご用意しましたよ。」

 

とか言われても、毎度のごとく一番安い部屋を予約していたので、さほど期待しないでベルマンの後について行ったら…。

 

デラックススイートの部屋でした。

リビングルームの一部を写した写真です。

ここには、トイレ、ミニキッチン、コーヒーなどを入れるパントリーのようなスペースがあります。

寝室とは、廊下でつながってます。

左手のライティングデスクにPCを置いていましたが、寝室から廊下を歩いて行くのが、地味に遠く感じました(汗)

 

寝室だけでも十分に広いです。

 

あまりのアップグレードに驚いていると、ドアをノックされた音が聞こえました。

開けると、客室担当のスタッフと思しき男女の方が立っていて、大きなバナナの房を差し出して、「どうぞ」と。

 

さすがにひとりでは食べきれないので、ていねいにお断りしたのですが、あまりの待遇の良さに驚きです。

ベトナムのホスピタリティ、すごすぎる。

 

部屋の外の廊下は吹き抜けの空間に面している開放的な雰囲気

昔の建物の一部をしのばせる優雅な作りです。

わずか2泊3日の短い滞在でしたが、居心地のいいホテルでした。

 

チエックアウトは午前3時だったのに

そしてチエックアウトの朝、というよりは夜中の午前3時、朝ごはんも食べるまもなく飛行機の関係で慌ただしい出発でした。

ここでもまたまたサプライズです。

朝ごはんの入った袋をわたされました。

そのときの記事はこちらです。

 

今、思い出してもジーンときます。

 

こんな記事も書いています






広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。