気がついたら、2017年の大晦日を迎えていました。

今年の元旦の記事をでみると、当時としてはけっこう大胆というか、予算的にも叶いそうもなくて、正直、その中の一つでも実現したら御の字だな、という感じでした。

 

確かに、全く同じ形では実現していないのですが、望みは形を変えて叶うものなのだということを、記事を読みながら実感、ちょっと驚いてしまったのでした。

 

欲しいものは,わたしの身の丈にあった形で実現しました

軽くて持ち運びが楽なMacBook Proが欲しいと書いています。

予算的にも無理だと思いつつ書いたのですが。

確かに買えなかったけれど、整備済品のiPad ProとApple pencilを買うことができて、出先で写真を加工したりブログを書いたりしたいという望みは叶いました。

 

次はカメラが欲しかった。

360度カメラは買えませんでしたが、自分としては別世界のものと考えていた一眼レフカメラを、適切なアドバイスを受けて、中古で購入できました。

物を買う望みとしては、これが今年一番のワクワクです。

 

自分で買ったわけですが、タイミングよく整備済品が出たことを教えていただいたり、初めての一眼レフに、何が自分に合っていて、何を揃えればいいのかもわからなかったとき、適切なアドバイスを授けてもらったりで。

今振り返ると、サンタさんからのプレゼントと言ってもいいような気持ちです。

 

ヨーロッパにい行くことと、英会話力の向上は

ヨーロッパに行くことは、さすがに金銭的な問題もあって、2017年中には行くことができませんでした。

 

それでも、ひょんなご縁で、今年は バンコク、香港、プーケット、成都と、ほぼ3ヶ月に一回の割合で海外に旅に出ることができました。

そのおかげでマイルも溜まって、また快適に旅行するスキルがブラッシュアップされました。

 

そして来年は、パリの友人に会いに行くことも決まって、航空チケットや宿(Airbnb)の手配もできました。

 

英会話の勉強に関しては、Saeko Kawahara さんに出会い教えていただくようになってから、確かな手応えを得ることができていて、ありがたいばかりです。

勉強不足ながら、わたしのサバイバルイングリッシュは短期間で改善されました。

 

実現したことの多くは、人に恵まれ、アドバイスをいただき精神的に支えてもらったから

今年は、人との出会いに恵まれました。

このブログも親指シフトで書いていますが、発案者でもあり、またブログコーチのものくろさんこと大東信仁さん。

カメラ、写真撮影、そして美味しいワインを教えていただいた Shinya B Watanabe さん、共にものくろキャンプに参加できたおかげです。

そしてこことのご縁を作ってくださった橋本憲太郎さん。

 

旅に関しては、旅ビジRay Matayoshi さん、そしてメンバーのみなさん、わたしの英語の先生のSaeko Kawaharaさん、

思えば、恵まれた一年でした。

 

月並みですが、ご縁のあった皆様に感謝しつつ、年明けを迎えたいとおもいます。

 

こんな記事も書いています





広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。