写真をきれいに取りたいという思いがいつも頭の中にあります。

それには一眼レフを購入しなければいけないなと考えていましたが、高価でそして重い。

主に出先や旅行で写真を撮ることが多いわたしは、レンズも含めると相当な重さになる一眼レフの購入に、二の足を踏んでいました。

気軽に撮れるiPhone7Plusのカメラは、スマートフォンとしては素晴らしい性能だけど所詮はスマートフォンのカメラだしなとそんな思いもありました。

しかし先日、わたしの迷いを吹き飛ばすアドバイスをいただくことができました。

裏ものくろという、わたしがさまざまな学びを得ているワークショップ、ものくろキャンプを受講したメンバーが参加できる会で出会えたShinyaBさんからでした。

こういうご縁は本当にありがたいです。

 

意外にわかっていなかったiPhone7Plusのカメラの便利さ

植物を撮ることが多いわたしはマクロレンズ(接写ができる)に憧れていました。

それを話したら、百均で売っているマクロレンズがなかなかの性能こと教えていただきびっくり、これから買いに行ってきます。

iPhone7Plusで接写したい場合は、光学ズーム(7プラスは2倍)を使うとと良いことなど教えていただきました。

わたしは主に遠くを撮るときしか使っていなかったのです。

iPhone7のカメラの便利機能についてまだまだ知らないことが多いということに気づいて、自分で調べてみたらAppleのYouTube公式チャンネルに、ちょうど載っていました。

上の動画は、寄って撮りたいときのやり方を30秒ほどで説明してくれてます。

 

そして動画を撮ることも多いわたしがなるほどと思ったのが、人が飛び上がった瞬間などを撮る方法です。

コンパクトデジタルカメラや一眼レフのスポーツモードのようなものがなくても、これで撮れることも発見しました。

これは便利!

他にもいろいろ載っていました。

 

iPhoneのカメラ機能やスペックを重要視して、基本的に毎年買い換えることに

iPhoneは、気軽に買うことのできる価格ではないです。

カメラ機能をオマケくらいに今まで考えていたので、買い替えは1年おきにしていました。

しかしカメラも重要視するとなると感覚が変わります。

iPhoneのカメラのスペックも年々上がっていくので、毎年買い替えることにしました。

ということで、2017年現在、秋のiPhone8の購入を予定しています。

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。