50代半ばで老眼がでて、ついに人生初めての日常的にメガネをかける生活になりました。

そこで気になって仕方がないのが、メガネのレンズのくもりです。

ずっと裸眼でクリアな視界で生きてきたことと、老眼とはいえ視力は1.5。

レンズのわずかなくもりでも見えるので、とにかく始終ふいていました。

これがイライラするのです。

メガネ拭を布製から、一回使い切りのペーパーに変えてストレスが軽減しました。

 

軽く拭くだけで透明なレンズになります

「メガネクリーナーふきふき」は、コンパクトな一包の中に洗浄剤(アルコール)を含ませたシートが入っています。

シートは初めて使うときは小さく感じられますが、拭き取る力が強いのでだいじょうぶ。

アルコールはすぐ揮発してしまうので一度使ったらおしまいのようです。

 

出先でも使えるように、よく使うバッグにはあらかじめ入れておくと便利

いつもメガネをかける生活になってしばらく、最初のころメガネ拭きをよく忘れていました。

そこで「メガネふきふき」を使うようになってからは、よく使うバッグにはあらかじめ2〜3袋を入れておくようにしました。

うっかり入れ忘れる心配も減って、ようやくメガネ生活も落ち着いてきました。

 

ただこれの難点は、ちょっと手入れに費用が定期的に発生することです。

しかし毎日のことなのこのスタイルでいくつもりです。

 

こんな記事も書いています



広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。