人間、「さぁ、ゆっくりするぞ」とバカンスにやってきたのに、30年ぶりということも手伝ってなかなかモードが切り替わりませんでした。

自分の心や体を弛緩させる方法も、自分で見つけるのですね。

 

あれをやらなけば、これをやらなけばの脳からの命令を無視できない

ホテルに到着して、自分の部屋に案内され、ひとりになって。

かなりタフな乗り継ぎだったので、シャワーでも浴びてひと眠りすればいいのに。

自分の頭にあったのは、「さぁ、荷ほどきして、荷物を整理しなけば」でした。

 

そんなことは急がなくてもいいはずなのに、長年オンとオフが曖昧な主婦業と、障害のある子供の世話に追われてきたせいか、切り替えることがうまく出来ない自分に、翌日、ようやく気がつきました。

ずっと24時間営業の生活だったので。

こんな自分を予想していたのかいなかったのか、10日間というスケジュールにしたのは、正解だったようです。

3日目の現在(2017年9月3日)、ようやくのんびりしてきた感じです。

 

何せビーチにいても、のんびり無防備になれず、これはよくないなぁと思ったくらいでした。

 

嬉しいなと感じることは

24時間、おいしい食事が食べられるという気ままさです。

もちろん館内のレストランにも行きますが、ベッドで半分眠っていてもご飯が出てくるのは、有り難さの極みです。

ベッドメイクも毎日してもらえるのも、幸せです。

 

こんな記事も書いています


広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。