2017年9月1日から10日まで、プーケットのルネサンス・リゾート&スパというマリオット系のホテルに滞在し、アロマオイルマッサージを楽しんできました。

以前(2017年3月)に、初めてバンコクに行ったときに、スパマッサージに行ってすっかりファンになってしまったのです。

 

今回はホテル内にある施設なので、お値段は高め(2時間で1万5千円くらい)ですが、非常にていねいで上手で、体が生まれ変わるようでした。

しかし、バンコクで行ったお店は日本語OKだったので問題はなかったのですが、今回は外資系のホテルなので勝手がちがいました。

 

受付のときに渡されたシートの解読に手間取る

中学生レベルの難易度の低い単語ならば、英語が苦手なわたしでも乗り切れのですが。

(アレルギーとかは聞かれのだろうなと覚悟はしていきました。)

 

それではこちらをご記入くださいと渡されは用紙は、ふだん使わない単語がびっしりでした。

 

高血圧(high blood pressure)、糖尿病(diabertes)や言わずと知れたアレルギー(allergy)などは、米国のドラマを見ていると定番で出てくる単語なので、わかるのですが。

炎症(inflammation)など、その他、医療系の単語がズラリとならんだ(ように感じる)、設問が20個ほどあるのにはまいりました。

 

しかも、夜だったので、ほの暗い照明、細かい文字という不幸が重なってあわててしまい、iPhoneで辞書を引こうにも新聞の字よりも細かいアルファベットは、老眼が始まっているわたしにはつらかったです。

 

上記のことに同意しますか?、はい…。

という書類にサインをして、施術がスタートでした。

 

改めてタイのスパが好きになる

こちらへどうぞと、ドアが開いて案内されるままに歩いて行った突きあたりは、ドーム型の建物で、水がたたえられていました。

写真は、昼間にもう一度行った時に撮ったものです。

ところどころに見えるドアが施術のための部屋になります。

 

この庭を右手に見ながら進んで行くと、1枚目の写真の風景に突き当たります。

 

照明は、目が慣れないと先が見えないくらい落とされていたので、自然にゆっくりと歩くことになって、静かに闇に慣れていきます。

マッサージが始まると、初めのころはあれこれ雑念が多かったものの、いつのまにか、ときおりさざ波のように響く「いかがですか?」という声に我にかえるだけになっていきました。

マッサージそのものもいいのですが、この頭の中までほぐされる感じは、まさに身も心もです。

また、タイに行く機会を作りたくなるのでした。

 

こんな記事も書いています




広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。