料理を作るとき、挽きたてのコショウを使いたくて、今から30年近く前に手動のペッパーミルを買いました。

しかし、大量に挽こうとするとなかなかの手間で時間がかかり、これはテーブルに置いて、料理の仕上げにサラリと使うときのためのものだなぁは悟り、キッチンという実戦の場から消えていきました。

 

レストランのシェフが、電動タイプを現場で使っているのを見て、使って見ようかなと

あるとき、戦場のようなレストランの厨房でシェフが使っているのを見て、これは忙しいときに意外にいいのかもしれないと思い、買ってみました。

それまでは、電池の管理が煩わしそうだったし、いいお値段だったので買う気になれなかったのでしたが、あまりの便利さに、同じシリーズのソルトミルまで買ってしまったのでした。

 

軽いタッチでコショウが挽ける

恐ろしく軽いタッチで挽くことができるので、何気にトップのところに触っただけでコショウがでてきます。

最初、なんども、あっ!と必要ないのにコショウが挽かれてしまいました。

 

しっかりした作りなのと、単4乾電池が6本も必要なので軽くはないですが、楽にコショウを挽くことができます。

(6段階まで挽き加減を調整できます)

電池の保ちは、使う頻度にもよると思いますが、わたしの家では一年あまりは交換しなくても大丈夫でしたので、電池の交換の煩わしさは感じなくてすんでいます。

見た目もスッキリして、キッチンカウンターでの作業がしやすくなりました。

日常的に使うものには、投資した方がいいことを実感です。

 

こんな記事も書いています




広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。