プロブロガーとして知られている立花岳志さんとランチをするために、京都に行ってきました。

(2017年4月23〜24日)

ネットだけで知っている人に直に会うチャンスはそうはありません。

実際に会って話すことは、世界が広がって自分が変わるきっかけを得ることができるのです。

 

彼が京都で少人数のランチ会を開催すると知ったとき、旅費が頭をよぎったのも束の間、会いに行こうと決心しました。

 

ネットの時代だからこそ直に会うことの価値が大きくなる

最初に彼を知ったきっかけは、メールマガジンの購読でした。

共通の知り合いもいて、評判のプロブロガーだったからです。

正直、メールマガジンを読んでいるだけではあまり好感がもてませんでした。

う〜ん、わたしが尊敬する人も彼を推している、なぜだろうと。

 

そこにチャンスがやって来ました。

通常では気軽に申し込みにくい(彼の)セミナーが単発で5千円ほどで、彼に直に会うのに迷わなくてすむ価格だったのです。

しかし、当日集まった人は150人。

お話には共感したし、席も一番前に陣取り聴いたけれど。

でも、もっといろいろ伺ってみたくなったのでした。

そこに降って湧いたようにランチ会のお知らせが。

飛びついたのです。

 

会いたい人に会えるチャンスは逃してはいけないと

Facebookのタイムラインを見たり読んだりしていると、なんとなくその人を知っているような気になりますが。

実際に会うことと比べると、重みがないと痛感するのです。

人生を長く生きてきて、ご縁というものの大切さを知りました。

同時にそれは自ら行動しないと得られないことも学びました。

 

立花さんとお会いして、21世紀の考え方の一端に触れることができて。

今度は彼の著作を読みたくなりました。

立花岳志氏の公式ホームページ

メッセージ | No Second Life

今日4月5日は、僕と妻大塚彩子の7回目の結婚記念日だ。 結婚記念日なんだけど、僕は六本木、奥さんとネコたちは鎌倉と、別々に過ごしていたりする…

関連記事

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。