前回の中高年女性 ひとり旅のススメその2の続きです。

シアトル在住の友人のおかげで、無事、滞在先にもたどり着くことができました。

友人というのは本当にありがたいものです。

幸いそのお宅はスーパーマーケットも歩いてすぐのところにあり、居心地の良いワインバーも徒歩3〜4分という便利なところでした。

海外旅行初心者にはうってつけのロケーションです。

さて、次の問題は移動手段でした。

フライトで疲れた体で、慣れない街を運転する気は無かったのでレンタカーは初めから予定していませんでした。

Uberでの移動も良いのですが、2015年は格安のUber Pool(乗り合い)がなかったので、これも気軽に使うわけにはいきませんでした。

(2016年はUber Poolがスタートしていたので大体5ドル以内で市内を移動できました)

そこで見つけたのは、自転車のシェアリングサービスです。

爽やかな初夏の風を切って街を走り回るのは最高でした。

便利な自転車シェアリングサービス

円安だった当時は(1ドル120円あまり)、手軽な移動手段として自転車は最高でした。

なんとヘルメットも借りることができ、安全対策は万全です。

借りる時間は、24時間、3日間、年間会員と分かれています。

たとえ30分でも、一回乗ってスタンドに返却してしまうともうそれでその日は終わりになってしまうのでご注意ください。

私はそれで一度失敗しました。

帰りにもう一回借りようとしたらダメでした……。

このサービスの名前はPronto Cycle Share です。

公式ホームページは、このサービスが2017年5月に取りやめになったため、シアトル市のホームページに飛ぶようになりました。

泣かされたのは、当たり前ですが全て英語表記ということです。

今でこそざっと読んで意味がわかりますが、当時は英語がGood morning程度のボキャブラリーしかなく、必死で調べつつ読みました(汗)

心配性の上に初めての土地、トラブルが起きても英語で説明ができないという恐怖があったからです。

img_2141
こんなスタンドで申し込みます。
クレジットカードかデビットカードのご用意を。
住所と名前の入力も必要だったはずです。

 

fullsizeoutput_1918
すると、こんなキーが出てきます。

スタンドはこんな感じ。
img_2139
あらかじめスタンドで表示されたバイクナンバーを見つけて、キーを差し込むとロックが外れます。
こちらの動画も参考になさってみてください。
↓ ↓ ↓

自転車のサイズ調整や料金について

自転車やヘルメットは、様々な方の身長、好みに合うように調整できます。
こちらの動画をご覧くださいませ。英語が聞き取れなくても理解可能でした(汗)
↓ ↓ ↓

年間会員以外の料金は、このように細かい設定もあります。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-10-03-58
ケチって2ドルコースを選んだりしたら、結局2時間以上乗ってしまって、30分毎の追加料金を取られてしまい失敗しました。

自転車をドック以外のところに置いて散歩したりする場合は、盗難に気をつけてください念のため。

タイヤの空気圧が低い場合などは、ビデオのもありますがスパナマークをタッチすると直しに来てくれるようです。

私は経験がありませんでしたが、自転車は概ね管理が良くて清潔でした。

近くに返却場所がないか探したり借りたりするときには、アプリがあるのでダウンロードしておくと便利です。

Spot Cycleがダウンロードできるサイトはこちらから。

iOS,Android 両方のアプリがあります。

私はシアトル以外では使ったことはないのですが、このアプリでは他の都市のサイクルシェアサービスも使えるようです。

ぜひ、軽快な散歩を自転車で試してみてください。

キーは、返却の必要はないですので、わたしは旅の記念にしました。

追記

残念ながら、このサービスは2017年3月で取りやめになったようです。

 

こんな記事も書いています


広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。