2017年7月20〜23日まで香港に旅行しています。

ポピュラーな観光地ですが、わたしは初めて。

行ったことのない海外の空港に降り立つといつも、緊張してしまいます。

 

・現地の通貨を手に入れるために、ATMを見つけなければいけない。

そしてうまく引き出せるかどうか。

(タイのバンコク、スワンナプーム空港のATMでは、ディスプレイに出てきた文字がタイ語だけだったので、かなり焦ったことがあります。

冷静に見たら、タイ語の中に埋もれるように英語がありました。)

 

・SIMカードを買う。

 

・香港の公共交通機関をスムースに利用するためにOCTOPUS を買う。

(これは現地通貨でのみ購入することができます。カード不可)

 

・そして今回は、ホテルまでのシャトルバスを予約していたので、その手続きができるカウンターを探す。

 

という一連のタスクが、旅慣れないわたしを緊張させるのです。

 

今回は、すこしでも体力を温存するために、わからないことは空港のスタッフとおぼしき人に、下手な英語で聞きまくりました。

これで、かなりあちらこちら動き回らなくてすんだのです。

なにせ午前3時起きしていたので、着いたときは疲れていました。

 

今回は、空港でもホテルでも、使えるかぎりの貧弱な英語を駆使しての旅でした。

でもそれがスムーズな移動を可能にしてくれました。

 

教訓:下手な英語でも、臆せずに使う。

 

こんな記事も書いています





広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。