きれいにネイルが施された指先は素敵で大好きなてのですが、いつも爪が痛んでしまうことが気がかりでした。

数年前、爪に負担をかけないネイルとして京都の絵の具店である上羽絵惣(うえばえそう)が発表した胡紛ネイルというものが、HKの朝の番組で紹介されました。

これはいいと飛びついて、それ以来ずっと使っています。

胡紛とは、帆立貝の貝殻の微粉末から作られる顔料のことです。

有機溶剤を使っていないのでツンとくる臭いがなく、通気性があってすぐ乾きます。

 

使っていて良いところ

ネイルを落としたときの爪の無残さに、「あ〜あ」という一抹の罪悪感を感じることがなくなりました。

体のどこかに負担をかけることなくおしゃれが楽しめるのは、気分がいいです。

乾きやすいので忙しいときも、ネイルをすることに面倒くささが軽減。

除光液を使わないで専用のアルコール入りのリムーバーなので、ひんぱんに塗り変えても爪が痛みにくいです。

天然素材なので、子供や妊婦さんも使うことができるとホームページにありました。

 

軽い難点

良くも悪くも落ちやすいので、長持ちさせたい場合は専用のコート剤を塗らなければいけないこと。

取り扱っている実店舗が少ないので、実際に手にとって自分で色を確かめる機会が少ない。

ただ、お店側も心得ているようで、オンラインショップの写真の色は、MacBook Proで見た限りではほぼ実物の色です。

 

わたしが使い始めたころにくらべると、色の種類も増えてきました。

ホームページで色を見ているだけでも楽しいいです。

 

こんな記事も書いてます


上羽絵惣株式会社

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。