国内線の飛行機に乗っているときは仕事をすることはハナから考えてないですが、新幹線なので移動中は仕事ができるとふんでスケジュールを組みました。

普段は、飛行機が好きなこともあって、滅多に新幹線は使わないのですが、今回、久しぶりに乗って気づいたことを書きます。

結論としては、仕事をするならばグリーン車にした方がいい、でした。

 

普通指定席は電源がない

あまりバッテリーに負担をかけたくないので、できる限り電源を確保したいところです。

でものぞみでも普通席指定は電源がないのですね、とほほ。

(ある車輌もあるのかもしれませんが)

 

しかも座席が広いとは言えないので、こうやって書いていても隣の人に、自分のディスプレイが丸見えです。

15インチは見やすいけれど、。

観光などで乗っているときとは、違う視点で見てしまいました。

 

冬はコートや上着などを脱ぐので置き場所も足りない

これを書いているのは2016年12月です。

ショートコート、上着、薄手のセーターといういでたち、車内は暖かかったので上着とコートを脱ぎましたが、かける場所、置き場所のスペースが少なくて閉口しました。

 

背が低いので頭上の棚にも載せる習慣がないです、それと忘れてしまうのではないかという不安があって使いませんでしてた。

三人がけの席だと窓際の席の人以外は、コートや上着をかけづらいですね。

(フックが当然窓際にしかないので)

 

悟ったこと

飛行機もエコノミーだし新幹線も普通予約席で自分には充分と思っていましたが、ちょっと方向転換しようかなと思いました。

新幹線のグリーン車なんて超ぜいたくと思っていましたが、パソコンを出して何かするのら普通指定ではないほうがいいですね。

 

エクスプレス予約をすれば、早得は特に割安になるので以前ほど高嶺の花でもないかもです。

ブログを書いていて丸見えは、やはり抵抗があって落ち着かない時間でした。

 

こんな記事も書いています




広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。