ファッションには、自分なりに気をつかっています。

肌の色がくすみ、髪のハリやツヤも失われ始めてくる50代は、身ぎれいにしておかないとと思うのです。

着古した洋服がほとんどのわたしなので、このところクリアランスセール、いわゆるバーゲンを利用して購入てしいます。

といっても、百貨店などのバーゲン会場に行かないないで、自宅でもっぱらネット通販のバーゲンを見るのです。

 

バーゲン会場に入ると、いつも失敗する自分

バーゲンが開かれている会場に行くと、まず人いきれと熱気に当てられてしまい、すでに勝負を投げてしまっている根性なしの自分に気がつきます。

戦意喪失しているので、自分にとって買う価値があるかどうかの判断力も鈍り、わたしはリアルのバーゲンで成功した記憶はほとんどありません。

たとえば15,000円のものが5,000円に値下げされていたとしても、そういうのは完全に自分の好みでないことがほとんどなので、買うか買わないか妥協点を見つけるのに時間がかかるのです。

「ちょっと好みでなくても、このお値段ならば買いなのでは?」

「いやいや、お金が出ていくことには変わりがないのだから、よく考えなければ…」

なんていう考えが、頭の中をグルグルめぐり疲れ果て、まわりの人々が、素早く好みのものをピックアップしていくのを見たりすると、余計に焦って頭が真っ白になってしまいます。

 

ネットの通販のバーゲンならば、家でゆっくり選べて自分向き

通販で選ぶとなると、メーカーによって微妙に違うサイズ感が一番のネックです。

でもネットの通販も返品やサイズ交換を受け付けてくれるところも増えてきました。

色に関しては、わたしはMacBook Proですが、今のところ著しく異なっていた経験はないです。

 

難点は、あまたある商品の中から根気よく、自分の好みとサイズが合うものを見つけるのに時間がかかかる泣き所です。

時間の有効活用とお金の節約のせめぎ合いがいつものことで、なかなか落としどころを見つけられません。

 

今年(2017年8月)はバカンスのために夏物はけっこう買ったから、来年はそんなに時間はとられないかな。

 

こんな記事も書いています

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。