ファッションでもっとも印象を決めるのは色の使い方、色彩のセンスです。

ともすれば、中高年になると暗い色の洋服ばかりを着てしまう傾向にあるので、雰囲気を一変させるのがスカーフです。

特にさまざまな色を使ったマルチカラーのスカーフは、着ているものや靴など、どれかの色の同系色を含んでいると、おしゃれな雰囲気を作り出してくれます。

リレイティブカラーと呼ばれる色の使い方です。

服がユニクロやGAPなど、ファストファッションと呼ばれるものでも、素敵なスカーフを羽織ると雰囲気が一変します。

ここで大切なのは、服よりもスカーフに予算をかけるということです。

 

発色の美しいマルチカラーのスカーフは、お手頃価格ではない

お金の感覚は人によって違うので、なんとも言えないのですが、わたしの場合おしゃれには、一万円をこえるとお手頃価格ではなくなってしまいます。

(物にもよりますが)

センスの良い多色使い、美しいデザインと発色のスカーフは、たかだか布切れ一枚にと思ってしまうほど高価です。

染めの発色には、手間と技術、そしてデザイナーのセンスがかかっています。

これはいわゆるブランド品ではないですが、色のグラデーションが好きで買いました。

美大出身のガーデンデザイナーで、近年、服飾デザインも手がける吉谷桂子氏の初期の作品です。

この2枚のストールは、ほとんどの色を含んでいるので、カジュアルな時はとても便利に使っています。

 

これは、ニュアンスカラーの美しさに惹かれてしまい、バーゲンで買ったヴァレンティノ・ガラバーニの物です。

暖色と寒色、中間色の組み合わせせが絶妙で、洗練された雰囲気を出してくれます。

どちらも、福澤先生が2枚は必要でした。

 

深みのある色の美しい発色のスカーフは、顔まわりを華やかに彩り、おしゃれ効果が高くなります。

 

合成繊維、単純な色使いのスカーフは避ける、量より質

服は、いつかは消耗して古びていきますが(サイズが変わったり…、経験者)、スカーフは首にまくだけなので、たいへん長く使えます。

「神は細部に宿る」ではありませんが、スカーフを安物にすると服装全体が格落ちした感じになりますが、その逆に、服が安物でも、美しいスカーフを巻いていると、全体がおしゃれに見えるのが不思議なくらいです。

正直、6千円のジャケットに、マルチカラーのスカーフを巻いていたら、ANAのキャビンアテンダントさんから絶賛されました。

もちろん、スカーフはジャケットの倍以上のお値段です。

 

季節の変わり目にも活躍するスカーフ

スカーフは、ポイントとしての役割だけではなく、朝晩が急に冷え込む季節の変わり目の寒暖の調節にも便利で持ち運びも楽です。

ご自分の服のカラーバリエーションはすぐには変えられなくても、スカーフ一枚で変化がつけられます。

 

こんな記事も書いています



ファションアテンダントをやっていますが、わたし個人としてのご依頼も受ける予定です。

Coming soon,

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。