若い、20代前後のころはおしゃれにはお金がかからない。

若さという強烈なパワーは、チープな感じを素敵に見せてくれます。

(自分が若いときは気づかなかったけれど。)

 

40代以降は、どう頑張ってもチープで可愛いアクセサリーなどは似合わなくなります。

悲しいかな中高年になってチープなピアスなどをつけると、正直、安っぽさが際立ってしまい、ややもすると、年齢より老けて見えたりします。

人によって多少の違いはあると思いますが、ほとんどの人が当てはまるはずです。

 

日本人女性は可愛い雰囲気が好き

日本人女性にとっての「若さ」は、多分に幼さを残していることを含んでいます。

「若く見られたい」というときは、「可愛く見られたい」ということとを言っているときもあるようです。

なぜ成熟した雰囲気を好まないのか。

 

「大人可愛い」という言葉が流行ったけれど、奇しくもこの造語は「可愛い」という言葉が大人にはふさわしくないということを表しているなと気付くのです。

 

自分だけではなく、多くの人の中にも「華」を見つけたい

どの人も、容姿にはそれぞれコンプレックスを持っています。

若いころは、親から受け継いだ天然の美だけで勝負だけれど、中高年になると違ってきます。

雰囲気に生き様が見えてきて、その人なりの味が出てくるからです。

可愛いだけが魅力ではない。

わたしは、そんな中高年世代の人の華を引き出したいといつも思います。

 

こんな記事も書いています






広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。