2018年2月4日、アブダビにあるフランスのルーブル美術館の別館にあたる、ルーブルアブダビに行ってきました。

2017年11月にオープンしたときの写真で見た、美しいデザインの建築を見たかったのが、行くことを決めた理由の半分でした。

写真はThe rain of light と呼ばれるテラスのドーム状の屋根。

美しかった。

 

ドバイからタクシーなど車で一時間余りで行けます

アブダビは、ドバイから車で約1時間、料金は1万2〜3千円(片道)で行くことができます。

わたしは今回はUberを使って行きました。

(ただし、2018年2月現在、アブダビではUberは使えないので、帰りはタクシーかバスになります。)

わたしは、たまたま親切な(Uberの)運転手の方に当たって、帰りもUberを使って帰ることができました。

 

タクシーの場合は、現金を用意してください。

少額紙幣が必要になるので、ホテルのフロントで両替してもらってください。

10AEDや5EDを多めに、次は100AEDの紙幣が数枚あると便利です。

2018年2月現在で、1万円は340AEDくらいでした。

(目安です。)

 

親切なUberの運転手さんに出会ったときの記事はこちら。

 

チケットは公式ホームページから簡単に買うことができました

ルーブルアブダビの公式ホームページを開くと、Buy Ticketという四角のワクで囲まれた表示が見えるのでクリックです。

そうするとADMISSION,one- day pass と書かれているところにBuy nowと表示されていますので、そこをクリック。

その後、カレンダーがでてくるので行きたい日付を選んで、メールアドレスを登録、クレジットカードで支払っておしまいです。

 

表示されるチケットをプリントしてください、とでます。

わたしは、ホテルの部屋で購入したので、印刷せずに、メールで受信したバーコードで入場しましたが、問題ありませんでした。

 

会場で当日、チケットを買うこともできます。

わたしが行ったときは、あまり人も並んでいませんでした。

 

海に浮かんでいるような美しい美術館

テラスと呼ばれている海がみえるフロアでは、カフェもあります。

今回は、時間がなくてあきらめましたが、眺めがよくて、すぐそばまで海が迫っているのは、圧巻です。

 

展示品はレプリカも多いのですがなかなかのもの、すべて撮影OKです。

今回は、運転手さんに待っていてもらったので、好きなだけ見ることに時間を使うことはできなかったのですが、

それでも1時間くらいはあっという間にたってしまいます。

ゆっくり全作品を見るには、2〜3時間はかかりそうです。

 

こんな記事も書いています





広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。