2018年1月18日の夜に、ホーチミンのタンソンニャット国際空港に降り立ったときのイメージは、最悪でした。

Uberを頼もうとして、空港の出口で立ち止まった瞬間から、自分の車に乗せようと、振り払ってもふり払っても人が集まってくるからでした。

しかもそのとき、わたしのiPhoneは現地のSIMがなぜかアクティベートしなくて、ネットが繋がらない状態で不安と焦りでいっぱい、勘弁してくれ〜という感じだったのです。

 

そのときの記事はこちら。

 

それが、チェックアウトのときには、「また必ず来よう、泊まるのもこのホテルで」と、気持ちが一気に変わってしまったのでした。

泊ったホテルは、ルネッサンス・リバーサイド・サイゴンです。

 

午前3時のチェックアウトのときに、不意に渡されたズシリと重い紙袋

朝の6時半発の飛行機に乗るために、わたしは20日の午前3時にチェックアウトでした。

安いチケットは、往々にして不便な時刻を選ばなければいけないです。

 

スーツケースを転がしながら、「あー、真っ暗、朝ごはんも食べられないし。考えてみたら空港のラウンジも開いてない時間帯だ。お腹がすくな〜。」と、気分が上がりませんでした。

 

事前にチェックアウトの時間を告げておいたせいか、そんな時間帯でもベルマン、ドアマンの方まできちんと待機していました。

清算がすんで、出口に向かおうとしたとき、ズシリとした紙袋が手渡されました。

「朝ごはんです。」

 

な、なんと親切な!!

素晴らしいホスピタリティだ。

もう、そこで一気にこのホテルの、ベトナムのファンです。

 

Uberに乗り込む寸前にも、なんどもお礼をいうわたしに、ベルマンの方は「我がホテルでは、これくらいのサービスは当然です」、みたいな無言の、でもちょっと照れたような感じでわたしを見送ってくれました。

 

食べきれないほどの食事を、空港のスタッフと分け合って食べる

早朝というよりは夜中という時間の空港は、閑散としていました。

手荷物を預けてひと安心、座ってドキドキしながら袋を開けると…。

 

中には、チーズやお肉、野菜をはさんで作ってくれたハンバーガーのようなパン、ゆで卵、デニッシュペストリー、果物、コーヒー、蜂蜜の小瓶、などなどペーパーナプキンやフォークと共に入っていました。

 

改めて胸がジーンとなりました。

 

しかし、あまりの量に、これはひとりでは食べきれない、どうしたものかとあたりを見回しました。

食べ物を持って出国はできないし…。

それに、なんだかこの幸せを誰かと分かち合いたかったのです。

 

すると側で、空港の清掃の係りとおぼしき人が、イスの上で横になっていました。

起こすと悪いかな、英語は通じそうもないしな、としばらく迷ったのですが、思い切って話しかけてしまいました。

 

案の定、英語は通じず、「そんなもんは、いらん」と、気分を害されたようだったので、謝って一度は諦め、隣でひとり食べ始めようとしたら、ようやく意味が通じたのか、もらってくださいました。

二人で、ホテルのお弁当を食べました。

 

その国を好きになるのは、人との暖かのふれあいが会ったとき

素敵な観光地、美味しいお料理、それももちろんなのですが、訪れた国が好きになる瞬間て、暖かなホスピタリティに触れたときだなと、いつも感じます。

また来るね、ホーチミン!

 

こんな記事も書いています




 

わたしがエジプトが好きになった時の記事はこちらです。

 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。