わたしは、いつも正しい生き方、正しくあろうとしてきました。

たいがい、学校でも書籍でも、正しい生き方をしろと習います。

でも、わたしは、今年の春から秋に出会った素敵な女性たちから、愛にもとづいて生きることを教えてもらいました。

愛というものは、なかなか説明が難しいですが、思いきり腑に落ちたのは、

「正しく生きようとすると、相手をジャッジしてしまう」

ということを教えていただいたからです。

これに、わたしはハッとしました。

新興宗教に入ったわけではありません、念のため(笑)

 

相手をジャッジしない、しないように心がける生き方

自分の名前が「真理子」のせいだけではないですが、自分は真理を正しいことを追い求めてきたように思えます。

でも、正しいとか、真理が基準になると、時に正しいか正しくないかというバイナリー的な考え方に陥りやすくなるのです。

それは、正しくないと思うと、非難したくなるということです。

では、今はどうなのよ、と言われると説明がうまくできないのですが、自分の中のキャパシティが広がったような気がします。

 

個人的には、海外、特に中東のイスラム教徒の友人が少なくないわたしは、多様性を受け入れるタイプだと思っていました。

「イスラムの教え以外は全て正しくない」という彼らの言葉に、猛烈に反発して言い争ったことが、たびたびありました。

「正しい生き方は一つではない、もっと違いを認めるべきよ」と拙い英語で反論でした。

友人のひとり、モハメドについての記事です。

そんな彼らと喧嘩しながらも確かな友情を築いていくうちに、でも、「こういう生き方もあるのだ」と尊重するようになりました。

でも、同じ日本人同士だと、これほどキャパシティが広くなれなかったです。

 

けれども、正しくあろうとしないで、愛の状態であることを心がけると、自分も自分以外の人も、大切にすることができるなと感じるのです。

「自分も関わる人も、ともに活かし愛、互いに幸せになるよう尽力するという在り方」と教えていただきました。

 

わたしに変わるきっかけを与えてくれた女性のおふたり

色々な方面で、わたし自身が変わるきっかけを作ってくださった方、力を貸してくださった方、導いてくださって方は、たくさんおいでなのですが。

愛の状態で生きるということを教えてくれてのは、言魂文字紫水さんとYuko Ono Luaさんです。

紫水さんの愛に関するブログ記事を貼っておきます。

関心のある方は、読まれてみてください。

彼女はスピリチュアルな方ですが、一方で、リアリストでもある魅力的な方です。

Yukoさんは、サイトをお持ちではないですが、Facebookアカウントをお持ちなので、セッションを受けてみたい方は、繋がって申し込んでみてくださいね。

わたしは,彼女の住むシンガポールで出会い、そこから自分が変わる、生き方を変える機会をいただくことができました。

考えて見れば、実に多く方々からご縁をいただいて、今に至るのだとつくづくと思います。

 

人に元気と自信を持っていただくことが得意なわたしの、やっていること

メルマガを書いています。

ブログでは少し書きにくいようなこと,お役に立つこと、人生のステージアップが加速することなどを、お送りしています。読んでいただけたら嬉しいです。

 

ホテルのバーやレストランで、上質のサービスを受けるためのノウハウをご紹介しているステップメールです。

20代からホテルを使い続け、ご縁をいただいている経験から得たものを書いております。

読まれましたら、ホテルのバーなどで優雅に振舞う自信をつけることができます。

また、私自身、障害のある子供を育てた長く苦しい経験から、アラ還でモデルになるなど、様々な経験をしています。

今、自分ができることは、明確に終わりの見えない困難の中にいる方へ、乗り越えるための気力の持つ力をお伝えすることだと考えております。
大丈夫です。
乗り越える強さを、ご自分で発見できます。

短時間のセッションもございます。

詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

ご自身のビジネスをお人柄を、高画質のスタジオでライブ配信をして、広く知っていただくことができます。

わたしは、対談型のネット配信スタジオで、MC(司会)をやっております。

(スタジオは、東京のヒマナイヌスタジオ です。ありがたいことに、海外からもお話になるめ、お越しになるゲストの方もいらっしゃいます。)

わたしは、お話して、その方の魅力、人となりを引き出すこと、ご自身の考えをまとめていただくことのお手伝いを得意としています。

ライブ配信は、ダウンロードして、YouTubeやホームページに貼り付けることにより、ご自身の紹介動画としても使えます。
詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

こんな記事も書いています




広告

この記事を書いた人

マリ

マリ

マリです。
わたしににとってブログは、その時々に感じたことや考えたことを、飾らずに書き留めている日々の記録です。
もしこれらの記事がどなたかのお役に立ったり、共感を得ていただけたとしたら嬉しいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。