上質のカジュアルでマルチカラーを楽しめるスカーフならば、なんと言ってもパリのニット作家、ソフィー・ディガールがおすすめです。

(写真は全て私物です。上のグレーのスカーフの刺繍は、裏も表も、まったく同じです。)

刺繍やニットが、これでもかというほど凝った多色使いに唸らせられます。

 

参考リンク

 

白いシャツに一枚はおるだけで華やかに

これだけたくさんの色を使っていると、着ているもののどれかに反応するのでリレイティブカラーとなり、何色でも合わせられると言ってもいいくらいです。

柄のスカーフで合わせるのも素敵ですが、よりカジュアルな雰囲気をもたせたいときは、マルチカラーのニットのスカーフが、秋冬には特におしゃれです。

シンプルな白いシャツの襟元も、華やかに。

 

ダークな色になりがちな秋冬のアクセントに

日の出ている時間が短くなっていく秋冬は、ダークの色のオーバーやコートだけでは寒々しくて、肌もくすんで見えてしまいます。

どこかに明るい色を持ってきてみてください。

わたしは、雰囲気のまったく違うスカーフを何枚か持っていて、それらを取っ替え引っ替え使い、1着しか持っていないコートに変化をつけて楽しんでいます。

 

ソフィー・ディガールのスカーフは、国内では、Amazonや楽天、その他オンラインショップで購入できます。

 

こんな記事も書いています






 

 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。