月並みな表現ですが、わたしは空の旅が大好きで、幼い頃は、将来はパイロットになりたいと思っていました。

(親の猛反対に逆らう根性がなくて、断念しました。)

そんな自分は、2015年、約30年ぶりに海外への旅を再スタートさせた時に、フライトログブックを購入して、旅の記録を残すことにしました。

 

フライトログブックとはなんぞやですが、本来はパイロットの飛行記録のことです。

こちら決まったフォーマットがありますが、わたしのは個人的な記録になるので、特別に決まった形式はありません。

普通のノートでもいいのです。

 

ただ、キャビンアテンダントさんに書いて頂く箇所もあるので、海外のエアラインに乗ったときのことを考えて、英語も併記してあるKUMARIAIRさんという方が作られたものを使っています。

(書いていただくのは、あくまでキャビンアテンダントさんのご好意なので、お頼みするときは丁寧にお願いするのがマナーです。)

 

このフライトログブック、航空ファンの間では、かなり知られている定番になっています。

画像は、わたしが実際に使っているものです。

2冊目がもう残りわずかになったので、さっそく注文しました。

 

空の旅の思い出がぎっしりと詰まっている記録

 

こんな風に、自分でそのときのワクワク感や感想を書くところと、キャビンアテンダントさんに書いてもらう箇所とがあります。

自分でわかるところは、自分で事前に書いておくことがマナーです。

(たまにバタバタして、記入を忘れるときがありました、反省。)

 

自分が乗った機材、キャビンクルーのお名前、天気などなど、エアラインにもよりますが、細かく書いていただけるので、読み返すと懐かしく思い出され、また、貴重な旅の記録になります。

写真のように、シールなどを貼ってくださる時も。

(傾向として、国内のエアラインは、申し訳なくなるくらい丁寧に書いてくださるときが多いです。グッズや飛行ルートの地図とかをいっしょにくださるときもありました。)

 

どうやってお願いするか

いつお願いするかですが。

キャビンアテンダントさんが、離陸と着陸で、座席に座っているときは書いてくださるさることを考えると、離陸前にお願いすることにしています。

 

フライトログを書いてもらうことは、キャビンアテンダントさんの業務以外のことなので、感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。

 

こんなアプリも空の旅を楽しくしてくれます。

 

フライトログブックを購入しているKUMARIAIRさんのホームページです。

 

こんな記事も書いています






広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。