海外に旅行したときは、ほとんどの場合、事故もなく無事に帰ってきますが。

備えあれば憂いなしで、緊急時に必要な電話番号やクレジットカードの番号、パスポートの情報などは、Evernoteに入れて、オフラインでも見ることができるようにしています。

なぜなら、海外へ行っているときや機内では、ネットの環境が得られなかったり、不安定な場合もあるからです。

 

わたしがEvernoteに保存している旅行の控え

わたしの場合は、どの国にいっても共通の緊急時に必要なこととして。

 

1.パスポートの情報、これは番号と有効期間がわかるように、写真に撮って保存しています。

 

2.クレジットカードの番号と、紛失した時のカード会社の連絡先の電話番号。

 

3.渡航先での、警察への日本の110 番にあたる電話番号。

 

この他に、Airbnbなどを使っているときは特に、滞在先の住所やホストの電話番号も入れておきます。

これらは、すぐに見たい情報になるので、オフラインでも見られるように設定、またショートカットという機能を使って、サイドバーの先頭に出てくるようにしています。

 

あとは、渡航先の通貨、紙幣やコインの写真のあるサイトをクリップして、いちばん必要になる少額紙幣はいくらからか調べて、両替をしておきます。

(チップのために、少額のお札をあらかじめ用意しておくと便利です。ホテルでしたらフロントで交換してくれます。)

 

Evernoteでオフラインの機能がついているプランは、有料のプラスとプレミアムでだけ

Evernoteには、無料のベーシック、有料プランのプラスとプレミアムがあります。

このうち、ノートのオフライン機能がついているのは、プラスプレミアムだけになります。

プラス 3,100 円/年

プレミアム 5,200 円/年

(2018年3月現在)

年間プランなので、それほど高くはないです。

 

オフライン機能が必要なのは、スマートフォンやタブレットからアクセスするときです。

モバイルの場合は本体に保存されてはいないので、通常は情報を引き出すときに、ネットの環境が必要になります。

(パソコンは大丈夫です。)

こちらを参照なさってみてください。

 

こんな記事も書いています





 

Evernote公式ホームページ

 

 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。