私は、服、日常使う道具(たとえばキッチン用品とか食器)、インテリアなど、気に入っているものだけを周りに置いておきたいタイプなのですが。

実は、お気に入りになるものは、とても値段が高い場合が毎度のことです。(私にとって…)

すぐには買えない時が多いんです。

で、どうするかというと、ひたすら我慢して、生活必需品だったら百均で買って、服だったらリサイクルショップで一着100円とか500円とかで済ませてしまっていることが、けっこうあります。

晴れて買うことができる日がくるまで、最小限の出費でジッと我慢です。

 

そこそこの値段帯が、いちばん不経済な気がする

洋服でも何でも、安物ではないけれど、無難な価格帯というのがあります。

私は、悪くはないけど、惚れ込んでいないというものは買わないと決めていますが。

例えば、行事に参加するとき白いTシャツが必要とか、コートがボロボロになったとか、どうしても必要で、買わなけれどいけない時があります。

そういうときは、多少見栄えのいい無難な中間的価格帯のものは買わないで、思いっきり、目もくらむような安物で耐え忍びます(笑)

本当に惚れ込んでいるものが、買える日までひたすら我慢です。

そこそこなものは、それなりの出費がありながら、今い一つ愛せない、使っていて気分が上がらないからです。

 

けっこう長い我慢が強いられる家具などのインテリア関係

家具などの使い心地もさることながら、インテリ性の高いものは、お値段も高い!

しかし、気に入った物を買うことができるようになるまで、ひたすら我慢をする拙宅のリビングは、数年間、お客様においでいただいた時に、かけて頂く椅子がなくてご不便をおかけしていました。

(2脚しかない食卓用のキャンバス製の椅子に、座っていただいてました、汗)

 

お客様には、ご不便をおかけしましたが、狭いリビングを占領するカウチ型は欲しくなかったのです。

このタイプのもので素敵なのは大型で、カウチは相当大きくないと、結局、一人しか座れない、場所ばかりとることを感じていたので、買わなかったのでした。

(日本製のカウチは小型なので、二人座るとお互いが近くなり過ぎるせいか、結局は一人がけ用になってしまいます。)

 

で、昨年(2017年)、好きな食卓兼リビング用の椅子を購入しました。

それでも一脚がけっこうなお値段なので、3脚です。

(アームレスのキャブチェア412CAB)

待った時間は長かったなぁ…。

椅子は好きなアイテム、今度は古いLC4のヘッドレストとシートを変えたくて、ジッとこらえております。

人に元気と自信を持っていただくことが得意なわたしの、やっていること

メルマガを書いています。

ブログでは少し書きにくいようなこと,お役に立つこと、人生のステージアップが加速することなどを、お送りしています。読んでいただけたら嬉しいです。

 

ホテルのバーやレストランで、上質のサービスを受けるためのノウハウをご紹介しているステップメールです。

20代からホテルを使い続け、ご縁をいただいている経験から得たものを書いております。

読まれましたら、ホテルのバーなどで優雅に振舞う自信をつけることができます。

最後までお読みいただきますと、初回のみで須賀、無料のセッションを60分おつけしています。

ご質問、そしてただ、話してみたいなど、なんでも大丈夫です。

また、私自身、障害のある子供を育てた長く苦しい経験から、アラ還でモデルになるなど、様々な経験をしています。

今、自分ができることは、明確に終わりの見えない困難の中にいる方へ、乗り越えるための気力の持つ力をお伝えすることだと考えております。
大丈夫です。
乗り越える強さを、ご自分で発見できます。

あなたの心に添って、モヤモヤを具体化したい方向けでもあります。

短時間のセッションもございます。

詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

ご自身のビジネスをお人柄を、高画質のスタジオでライブ配信をして、広く知っていただくことができます。

対談なさると、思いもよらないご自分の魅力、仕事の方向が見えてきて、お客様からのお仕事の依頼が増えたなどの嬉しいことも起きています。

わたしは、対談型のネット配信スタジオで、MC(司会)をやっております。

(スタジオは、東京のヒマナイヌスタジオ です。ありがたいことに、海外からもお話になるめ、お越しになるゲストの方もいらっしゃいます。)

わたしは、お話して、その方の魅力、人となりを引き出すこと、ご自身の考えをまとめていただくことのお手伝いを得意としています。

ライブ配信は、ダウンロードして、YouTubeやホームページに貼り付けることにより、ご自身の紹介動画としても使えます。
詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

こんな記事も書いています





広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。