私は、服、日常使う道具(たとえばキッチン用品とか食器)、インテリアなど、気に入っているものだけを周りに置いておきたいタイプなのですが。

実は、お気に入りになるものは、とても値段が高い場合が毎度のことです。(私にとって…)

すぐには買えない時が多いんです。

で、どうするかというと、ひたすら我慢して、生活必需品だったら百均で買って、服だったらリサイクルショップで一着100円とか500円とかで済ませてしまっていることが、けっこうあります。

晴れて買うことができる日がくるまで、最小限の出費でジッと我慢です。

 

そこそこの値段帯が、いちばん不経済な気がする

洋服でも何でも、安物ではないけれど、無難な価格帯というのがありますね。

私は、悪くはないけど、惚れ込んでいないというものは買わないと決めていますが。

どうしても必要で、買わなけれどいけない時があります。

そういうときは、多少見栄えのいい無難な中間的価格帯のものは買わないで、思いっきり、目もくらむような安物で耐え忍びます(笑)

本当に惚れ込んでいるものが、買える日までひたすら我慢です。

そこそこなものは、それなりの出費がありながら、今い一つ愛せない、使っていて気分が上がらないです。

 

けっこう長い我慢が強いられる家具などのインテリア関係

家具などの使い心地もさることながら、インテリ性の高いものは、お値段も高い!

しかし、気に入った物を買うことができるようになるまで、ひたすら我慢をする拙宅のリビングは、数年間、お客様においでいただいた時に、かけて頂く椅子がなくてご不便をおかけしていました。

(2脚しかない食卓用のキャンバス製の椅子に、座っていただいてました、汗)

 

狭いリビングを占領するカウチ型は欲しくなかったのです。

このタイプのもので素敵なのは、大きいので。

 

で、昨年、やっと購入しました。

それでも一脚が、けっこうなお値段なので、3脚です。

長かった…。

椅子は好きなアイテム、今度は古いLC4のヘッドレストとシートを変えたくて、ジッとこらえております。

 

こんな記事も書いています





広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。