2018年12月のある時、ふと、スマートフォンの住所録を見ていたら、昔行っていたレストランのスタッフで、とても良くしてくれてた人の名前が、突然出てきました。

そのレストランは今はなく、彼は別のお店に勤めたのですが、なんとなくそこは足が遠のいてしまい、自分自身も人生が、かなりタフな時期に入り、遠のいていました。

で、電話をいきなりかけるのもなんだし、Facebookでもやっていないかなと調べたら、私よりもはるかに若い彼は、亡くなっていました。

不意打ちをくらったように、胸が苦しくなるほどショックでした。

 

そして続いて、なにやら急に、昔好きだった、俳優の児玉清さんの著作が読みたくなってAmazonで取り寄せようとした際、今はおいくつなのかなと、能天気に調べてら2011年に亡くなられていました。

若いころなら、そうか…、と受け入れることかできたのですが。

テレビはほとんど見ない自分でしたが、にわかに児玉さんが亡くなられたことに、喪失感が襲ってきたりしました。

年をとったからなのか、はたまた、今の自分がとりわけセンシティブなのか。

この感覚に、戸惑っています。

 

別れが新しいご縁を作ってくれたり、著作に夢中になって生前よりも好きになったり

その最初の若いレストラン関係の青年については、Facebookの友達にたった一人、私が知っている方ががいました。

その青年はバイク乗りでしたので、その私も知っている彼のFacebookの友達は、モータースポーツの世界の大変な著名人でした。

(私のFacebookの友達の友達でもあったのです、ややこしいですが、汗)

わらにもすがる思いで、「なぜそんなに早く亡くなられたのか、ご存知だったら教えてください」と、思わず友達申請をして伺ってしまいました。

なんで、こんなに気になるのか。

結局は、まだ分からないのですが、でも、その友達申請のご縁で、彼のレーシングチームのシリーズチャンピオンのお祝いの会に、お誘いいただきました。

実は私は、親に止められて免許こそ取らなかったものの、バイクは大好き。

これは本当に嬉しいご縁になりました。

 

児玉清さんの著作は、立て続けに何冊も大人買いでした。

文字を通して生前の児玉さんの思いが、まるで生きて語りかけてきているように、私の心に入ってきました。

存命の頃を知っているといないでは、文字から文章から受け取る情報が、違う気がします。

この年齢で今頃ですが、文字は、その人の思いを亡くなった後も、そして時を超えて伝えてくれるのだなぁと、実感だったのでした。

俳優としての彼よりも、人物としての彼のファンになりました。

 

生きていれば、必ず別れはやってくるから

生きていれば、特に人生も後半をすぎると、若い頃に馴染んで好きだった映画俳優さんを始め、家族、友人と必ず別れのときがくるから、感謝して、大好きなことをいつも伝えておこうと改めて思うのです。

私は、けっこう引きずるタイプなので、常に未来へ引っ張ってくれる若い友人は、ありがたいなぁと感じたりです。

 

人に元気と自信を持っていただくことが得意なわたしの、やっていること

メルマガを書いています。

ブログでは少し書きにくいようなこと,お役に立つこと、人生のステージアップが加速することなどを、お送りしています。読んでいただけたら嬉しいです。

ホテルのバーやレストランで、上質のサービスを受けるためのノウハウをご紹介しているステップメールです。

20代からホテルを使い続け、ご縁をいただいている経験から得たものを書いております。

読まれましたら、ホテルのバーなどで優雅に振舞う自信をつけることができます。

また、私自身、障害のある子供を育てた長く苦しい経験から、アラ還でモデルになるなど、様々な経験をしています。

今、自分ができることは、明確に終わりの見えない困難の中にいる方へ、乗り越えるための気力の持つ力をお伝えすることだと考えております。
大丈夫です。
乗り越える強さを、ご自分で発見できます。

短時間のセッションもございます。

 

ご自身のビジネスをお人柄を、高画質のスタジオでライブ配信をして、広く知っていただくことができます。

わたしは、対談型のネット配信スタジオで、MC(司会)をやっております。

(スタジオは、東京のヒマナイヌスタジオ です。ありがたいことに、海外からもお話になるめ、お越しになるゲストの方もいらっしゃいます。)

わたしは、お話して、その方の魅力、人となりを引き出すこと、ご自身の考えをまとめていただくことのお手伝いを得意としています。

ライブ配信は、ダウンロードして、YouTubeやホームページに貼り付けることにより、ご自身の紹介動画としても使えます。
詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

こんな記事も書いています




広告

この記事を書いた人

マリ

マリ

マリです。
わたしににとってブログは、その時々に感じたことや考えたことを、飾らずに書き留めている日々の記録です。
もしこれらの記事がどなたかのお役に立ったり、共感を得ていただけたとしたら嬉しいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。