2018年12月のある時、ふと、スマートフォンの住所録を見ていたら、昔行っていたレストランのスタッフで、とても良くしてくれてた人の名前が、突然出てきました。

そのレストランは今はなく、彼は別のお店に勤めたのですが、なんとなくそこは足が遠のいてしまい、自分自身も人生が、かなりタフな時期に入り、遠のいていました。

で、電話をいきなりかけるのもなんだし、Facebookでもやっていないかなと調べたら、私よりもはるかに若い彼は、亡くなっていました。

不意打ちをくらったように、胸が苦しくなるほどショックでした。

 

そして続いて、なにやら急に、昔好きだった、俳優の児玉清さんの著作が読みたくなってAmazonで取り寄せようとした際、今はおいくつなのかなと、能天気に調べてら2011年に亡くなられていました。

若いころなら、そうか…、と受け入れることかできたのですが。

テレビはほとんど見ない自分でしたが、にわかに児玉さんが亡くなられたことに、喪失感が襲ってきたりしました。

年をとったからなのか、はたまた、今の自分がとりわけセンシティブなのか。

この感覚に、戸惑っています。

 

別れが新しいご縁を作ってくれたり、著作に夢中になって生前よりも好きになったり

その最初の若いレストラン関係の青年については、Facebookの友達にたった一人、私が知っている方ががいました。

その青年はバイク乗りでしたので、その私も知っている彼のFacebookの友達は、モータースポーツの世界の大変な著名人でした。

(私のFacebookの友達の友達でもあったのです、ややこしいですが、汗)

わらにもすがる思いで、「なぜそんなに早く亡くなられたのか、ご存知だったら教えてください」と、思わず友達申請をして伺ってしまいました。

なんで、こんなに気になるのか。

結局は、まだ分からないのですが、でも、その友達申請のご縁で、彼のレーシングチームのシリーズチャンピオンのお祝いの会に、お誘いいただきました。

実は私は、親に止められて免許こそ取らなかったものの、バイクは大好き。

これは本当に嬉しいご縁になりました。

 

児玉清さんの著作は、立て続けに何冊も大人買いでした。

文字を通して生前の児玉さんの思いが、まるで生きて語りかけてきているように、私の心に入ってきました。

存命の頃を知っているといないでは、文字から文章から受け取る情報が、違う気がします。

この年齢で今頃ですが、文字は、その人の思いを亡くなった後も、そして時を超えて伝えてくれるのだなぁと、実感だったのでした。

俳優としての彼よりも、人物としての彼のファンになりました。

 

生きていれば、必ず別れはやってくるから

生きていれば、特に人生も後半をすぎると、若い頃に馴染んで好きだった映画俳優さんを始め、家族、友人と必ず別れのときがくるから、感謝して、大好きなことをいつも伝えておこうと改めて思うのです。

私は、けっこう引きずるタイプなので、常に未来へ引っ張ってくれる若い友人は、ありがたいなぁと感じたりです。

 

本物が大好きな私のこだわりのライフスタイルや情報を、お届けしております。
登録をぜひしてくださいね。

 

こんな記事も書いています




広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。