2017年7月22日に、わたしが入っているコミュニティ(旅ビジ)の海外オフ会が香港で開かれることになって、これをきっかけに、初めてこの有名な観光地に行くことになりました。

土地勘がないので、はて、どのあたりのホテルがいいのか、エアラインはどこにするかなど、かいもく見当がつきません。

そんなときに、コミュニティの主催者のまたよしれい氏から、ホテルは尖沙咀(チムサーチュイ)という場所が便利と教えてもらって、さっそくホテルとエアラインを選ぶことにしました。

 

香港のホテル選びは、キャセイパシフィックで航空チケットとセットで選ぶとお得

ホテルや航空券をセットで購入できるサイトは、エクスペディアなどを始めたくさんありますが、香港でしたらキャセイパシフィックのサイトが、お値打ち価格でお得です。

キャセイパシフィック航空は、香港がホームグラウンドだということのせいもあって力を入れているようです。

これも旅ビジで教えてもらいました。

 

ホテルを選ぶ地区として勧めてもらった地区は、最も賑わっている商業地区で、老舗の名門ホテルであるペニンシュラ香港があるところです。

オフ会の場所が左敦(Jordan)なので、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)からは地下鉄でひと駅なのも助かりました。

 

選んだホテルは、予約したとき破格のお値打ち価格になっていたインターコンチネンタル香港です。

ビクトリアハーバーに面したこのホテルの窓から見える夜景は、時間の経つのを忘れてしまうほどでした。

ここに泊まるのであれば、少し割高になってもハーバービューの部屋がおすすめです。

 

土地勘を得るには、地下鉄路線図をみるとわかりやすい

知らない土地に行ったときは、公共交通機関の路線図をみるとおおざっぱにですが把握することができ、これとGoogleマップでも合わせてチェックしておくと、動きやすくなります。

 

地下鉄を使うときはオクトパスカード(八逹通/Octpus card)を買っておくと便利、JR東日本で言うところのSuicaのようなものです。

空港の到着ロビーの「客務中心」という表示があるところのカウンターで、現金で購入することができます。

カードでの支払いはできませんでした。(2017年7月現在)

 

・香港や東南アジアは現金しか使えないところもあるので、到着したらATM(香港の場合はHSBC銀行などの銀行 ATM)から、クレジットカードのキャッシングか、デビットカードで現金を引き出すといいです。

レートが成田や羽田で両替するよりもお得です。

 

こんな記事も書いています






 

 

旅ビジ

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。