2017年7月20〜23日まで、インターコンチネンタル香港に滞在しました。

こちらの気持ちを細やかに察してくれるホスピタリティ、サービスなど、もっと泊まっていたくなるホテルでした。

ここのフィットネスジムは、24時間体制でインストラクターも常駐しています。

美味しい食事を食べすぎて体が重くなったとき、早朝のジムは気持ちがよかったです。

 

借りることができるのは、シューズだけ

事前のネットの情報では、ウェアも借りることができそうな感じだったのですが、実際はシューズだけです。

カウンターで、ルームナンバーをいうと、シューズのサイズを聞かれます。

 

わたしは、ボトムの用意だけがなかったので、どうしようかと思いましたが、香港にはいつも使っているスポーツウエアのlululemon(ルルレモン)があることを思い出して買ってきました。

 

余談ですがlululemon香港は、地下鉄(MTR)中環(central)駅から徒歩5分くらいのショッピングモールの中にあります。

向かいはApple Storeでした。

駅からペデストリアンデッキを通って行くことができます。

正直、方向感覚がなくなりそうだったので、近くのショッピングモールの案内カウンターで聞いて、こんな見取り図をもらいました。

とにかくビルが林立しているので、初めてのわたしは探すのに苦労しそうだったので、聞きまくりです。

 

基本的にどこも同じ雰囲気ですが、香港のlululemonはこんな感じでした。

これでようやくジムを使うことができるようになったのでした。

 

24時間オープンしていますが、ヨガや太極拳のプログラムは時刻は日にちが決まっているので事前に確認が必要です

ヨガや太極拳のプログラム(無料)もあるのですが、曜日とスタート時刻(6:30am)が決まっているので、短期滞在のときは、3階にある施設のジムカウンターで事前に確認しておいた方がよさそうです。

わたしは曜日が合わなくて参加できませんでした。

 

ロッカールームは充実のアメニティ、飲料水は水、レモン水、生姜入りの暖かいお茶など充実

女性用のロッカールームです。

奥には二つのシャワーブースがあります。

 

 

ロッカーの中です。

バスローブ、靴を入れる袋、スリッパ、などが入っています。

 

充実のアメニティグッズがそろっているのと、これでもかというほどタオルがあるので、ホテルの部屋から動きやすい格好でくれば、それでOKです。

水、温かいお茶、レモン水など、運動した後の水分補給のためのものもたっぷりでした。

 

快適だったので、わたしは、帰国の日の早朝までお世話になりました。

 

こんな記事も書いています







広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。