初めての航空会社を使う時、そこのホームグラウンドのラウンジに入るのは、ちょっとした楽しみです。

どの航空会社も本拠地のラウンジには力を入れているのと、そのエアラインならではのカラーがあるからです。

 

2018年5月6日~9日まで、格安で手に入れたビジネスクラスのチケットを使って、シンガポールに行ってきました。

 

行きは関西国際空港からだったのですが、シンガポール航空のラウンジは、なんとJALのサクララウンジと共同でした。

ということで、あまり感動がなかったので(バタバタしていたせいもあって、利用しなかった)、帰りの、本拠地であるシンガポールはチャンギ国際空港のラウンジは、期待して行きました。

 

最初は、間違ってエコノミークラス(クリス・フライヤーのゴールド会員用)のラウンジに行ってしまった

シンガポール航空のビジネクラス、ファーストクラスのラウンジでは、シルバークリスと言います。

 

このシルバークリスのラウンジの手間に、エコノミークラスを利用するスターフライヤー・ゴールド会員のラウンジの入り口があり、わたしは「ゴールド」という名前で、勝手に解釈して、最初、このラウンに入ろうとしました。

 

入り口のスタッフの男性が、美しい英語で、

「こちらはエコノミークラスの専用ラウンジでございます。もちろん、お客様はお使いになることができますが、ビジネスクラスでございますから、奥のシルバークリスのご使用をお勧めいたします。」

と言われたのでした。

 

海外の航空会社で見かけますが、ビジネスクラスのチケットを買わないと、上級会員でもラウンジが使えない場合があります。

ちなみに、わたしは2018年2月にドバイに行ったとき、エミレーツ航空のエコノミークラスのチケット買ったのですが、

「5万円でビジネスクラスにしませんか?」

という夢のようなお誘いがきて、舞い上がってアップグレードしました。

 

が、こういう、正規の運賃を払っていない、なんちゃってビジネスクラスの客は、ラウンジには入ることができません。

 

午前1時の便だったけど、けっこう混んでいたシルバークリスラウンジ

ここはビジネスクラスの専用のラウンジです。

シルバークリスのラウンジは、入り口でファーストクラスとビジネスクラス用に分かれます。

写真を撮るとき、おもむろに人様にカメラ(iPhone)を向けるわけにもいかないので、可能な限り、人が入らないようにして撮影しました。

 

かなり広いのですが、夜中の便に乗る人が多いのか、混んでました。

なので、なんだか落ち着かなかったです。

 

夜中だったせいか、食べ物の種類はそれなり、でもお酒は豊富

ワイン、ビール、ウィスキーなどのハードリカー類も豊富でしたが…。

実は、空港に向かう直前まで、シンガポールで知り合った友達と飲んでいたので、ラウンジでお酒を飲む気力は出ませんでした。

しかも、混んでいて、お料理のコーナーも人が多くて、写真を撮るのがはばかられる雰囲気でして。

わたしにしては珍しく、お酒を撮らないで、しかも飲まないでしまいました。

 

なにせ午後10時過ぎがったせいか、話に聞くよりお料理の種類は多くなかったです。

かろうじて撮った一枚。

 

果物越しに撮ってみる。

人が多いので、撮りづらい…。

 

お腹いっぱいだったのですが、試食?にとカレーらしきものを食べてみました。

うーん、まぁまぁかな。

やはり満腹だと感動が薄れます。

 

洗面所にはこんな感じの備品がありました。

 

お腹がいっぱいで美味しいワインを飲んだ後だと、ラウンジのお料理の魅力が薄れます

ラウンジに入ると、帰りの飛行機に乗るまであと一息という感じです。

すでにアルコールが入っていて、緊張がとれてきたわたしは、ドッと眠気が襲ってきました。

 

しかもお腹もいっぱいだし、シンガポールで友達になれた女性とのお酒は、美味しくて楽しくて。

こんな時は、せっかくのラウンジのお料理も魅力が薄れました。

 

毎度思うのですが、午前1時くらいの便でラウンジに入ると、乗り過ごさないために睡魔との戦いになったりします。

でも、そんな時間帯の便て、安いんですよね。

 

こんな記事も書いています







 

シンガポールでは、このSIMカードが便利でした。

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。