旅行を計画しているとき、ホテル選びにけっこう迷います。

まずは一泊あたりの料金、そして立地と過去に泊まった人の評価が目安になるのでしょうか。

 

子育てをしていた時期を除いて、20代から出張や研修で東京都心のホテルに頻繁に泊まり、今は旅行でホテルを利用します。

それらの経験から、最近、重要でありながら意外に情報が少ないなと気づいたのは、ベッドの寝心地、マットレスの質です。

 

料金、部屋の雰囲気や設備、そして立地で選ぶことしかできない

疲労の大きい海外への旅をして感じることは、寝心地、睡眠の質が、現地での行動力と帰国後の速やかな日常の復帰に、影響するな、と感じるのです。

 

寝心地は重要なのに、ホテルのホームページに、マットレスをどこの会社のを使っているかを、載せいてるホテルは少ないです。

本来、ホテルはホスピタリティはもちろんのこと、寝心は地重要なはずなのですが。

 

選ぶ方も、部屋の雰囲気やデザイン、水回りと立地を料金を判断の材料にしてしまう、ということでホームページも、素敵に写ったお部屋の写真ばかり。

 

いいマットレスは高いのに、写真の見た目ではわかりにくいし泊まってみないとわからない

自分自身も、マットレスを取り替えたとき感じたのですが、いいマットレスは高い。

わたしはクィーンサイズのベッドですが、シモンズのもので25万円くらい、おかげで寝心地は最高です。

 

ホテルの場合は一括で購入するので割安とはいえ消耗品、その上、見た目はかなり地味な投資なので控えたくなるところです。

 

なので、素敵な部屋で設備、立地も悪くないのに、料金が安めのホテルはまずマットレス、ベッドリネンが良くないなというのが、わたしの感想です。

 

泣き所は、泊まってみないと分からないことです。

 

泊まった感想を求められた時は、寝心地のことを書くように心掛けています

こればかりは、宿泊客側の意識の問題もあるので、泊まったホテルの感想を求められたときは、寝心地についても書くようになりました。

 

全てが整ったホテルは、やっぱり高いなぁと。

予算との兼ね合いを考えると、ホテル選びも時に悩ましいです。

 

こんな記事も書いています




広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。