外出するときは、おしゃれをしていきたいのはもちろんなのですが、家の中にいるときでも着心地の良い服、そしてソコソコ見た目も悪くない服装でいたいわたしです。

特に今回は(2017年)、秋の終わりから冬にかけて家の中で着る、お手ごろ価格で暖かいセーター類を探していました。

ファストファッションのサイトから買ったこともあるのですが、とにかく薄くて暖かくなくて色もきれいではない。

そこで、冬の物が安くなる初夏のころから、ネットのバーゲン品を覗いていました。

 

今年買ったセーターはYOOXのアウトレットから

これは、YOOXというオンラインショップから買ったときの明細です。

ちなみに元値はもちろん万単位、それだけにしっかりとしたウールのセーター(右)でした。

セカンドラインとはいえヴェルサーチ、発色も深みがありました。

(ただし、激安価格なので、辺品交換できない商品です。)

Facebookに載せた自撮りですが、質感が少し伝わるでしょうか。

ベッドの上で、だらけている写真で恐縮です。

 

左側は、キッドモヘア(アンゴラ)とアクリルの混毛です。

シャツと重ね着するのにいいなと買いました。

 

YOOXについて

ワールドワイドなサイトですが、基本的に日本語バージョンに接続します。

商品は全てイタリアから、なので注文かはら到着まで一週間はかかります。

(たまに2日ほどで来ることもありますが。)

 

普通は、16,500円(2017年現在)を越えると関税がかかりますが、このサイトは関税を負担してくれますので国内のオンラインショップから買うのと同じ感覚でお買い物が楽しめます。

送料は、原則的に2万円以上のお買い物で無料になりますが、「期間限定で無料」というときが多いので、そのときが狙い目です。

そうでないと2千円かかります。

 

買ってから2週間以内でしたら簡単に返品することができます。

送られてきた商品の入っている箱に、記入済のクロネコヤマトさんの送り状が入っていますので、(商品が入っていた箱を使って)返品する物をパッキングしたら、あとは集荷をお願いして、送り状と箱をわたしておしまい。

楽チンです。

 

返品するときの送料については、支払った金額をクレジットカードに組み戻し(現金)と、YOOXでまたお買い物に使うためのYOOXマネー(オンラインショップだけで使える通過)に替える場合とでは違ってきます。

返金の場合は、送料は自己負担です。

YOOXマネーに替える場合は、送料はYOOXの着払いとなります。

なので、単なるサイズ交換の場合は送料はかかりません。

 

注意すること

ブランドによってサイズ感がかなり違うので、最初はあまり値段の張るものは注文しないほうが無難かもしれません。

伸縮性のあるニットとか、シャツなどからわたしはスタートしました。

 

こんな記事も書いています



広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。