冬になって、コートから露出している手が乾燥と寒風にさらされると、すぐ荒れ年齢相応(50代半ば)のシワが目立つようになりまして。

お手入れしても限度があるので、革の手袋をはめる習慣を復活させました。

コートから見える手は、素よりも手袋をしている方がファッショナブルなことにも、今さらながら気がつきいたのでした。

 

手袋のサイズを選ぶときに大切なこと

革の手袋をはめて素敵に見えるポイントは、手の甲にピタリと革がフィットしていること。

そうすると、手がとてもセクシーに見えます。

なので選ぶときは、手を入れようとしたとき、きつめに感じるくらいがちょうどいいです。

 

内側のライナーの素材にこだわってください

選ぶときは、革の材質や色なんかが真っ先に気になるところですが、意外に内側のはり地であるライナーの素材も大切なんです。

同じような革でも値段が安いものは、たいがいライナーが化学繊維です。

ライナーは、ウールやシルクなどの天然繊維がおすすめ。

暖かさが違います。

はめたときの肌触りも意外と気になるものです。

 

できれば着ている物によって色を変えたいと思い、ゆっくりとコレクションしようかなと思っています。

おしゃれの肝は、小物です。

 

こんな記事も書いています




 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。