このブログを書いているのは2018年3月18日です。

少し先のことですが、6月5日から、バリへ行くことを半年前から計画しています。

今月(3月)の初めに、ボウボウに伸びてパーマも落ちてきて、髪のまとまりが悪くなったので美容院に行ったのですが、そこでハタと考えてしまいました。

 

初のヨーロッパ、しかもパリ、おまけにパリジェンヌのFacebookのお友達と、初めて実際に会う予定なのです。

そしてプロのフォトグラファーの友達も東欧から駆けつけてくれることになった。

 

こうなったら可能な限り、きれいな、もとい一番マシな自分を見せたい。

滞在中はドライヤーと手ぐしで、簡単にヘアスタイルがまとまるような状態で出発したい…と。

 

パーマ、カットは1ヶ月半おきぐらいだから

柔らかにパーマがかかり、手ぐしでまとまるようにしてもらっているショートカットが、自分のヘアスタイルです。

パーマは1ヶ月半くらいがベストな状態を保てる限度、いつもなら4月の終わりか5月の初めには、次のカットとパーマをするのが通常なのですが。

 

6月の中旬くらいまでパリに滞在する。

そこにベストなヘアスタイルのピークを持っていくには、これからどんなサイクルで美容院へ行くか、考えてしまったのでした。

 

パーマは、髪が痛むので、かけたら1ヶ月以上間隔をあけることにしている。

6月5日が旅行当日、ギリギリ6月1〜3日くらいの間までにはパーマとカットをする日にして。

とすると、5月はカットだけでしのぐしかないな、とか考えたのでした。

 

中高年になると髪にコシとハリがなくなってくることに気がつく

これほど考えてしまうのは、行く先が初めてのパリだし、フォトグラファーの友人まで駆けつけてくれるから気合いを入れたい、というのは確かに理由の一つなのですが。

 

中高年になってヘタってくるのは肌だけではなく、髪もなのです、とほほ。

 

あれほどボリュームが出すぎて困っていたのがウソのように、50代半ばあたりから、髪にコシとハリがなくなってきました。

手ぐしでのスタイルが、取りくくなったのです。

 

中高年は特に、滞在先で簡単にヘアスタイルが決まるようにしておくと、ストレスフリーなのではないかと考えています。

 

こんな記事も書いています







 

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。