2018年の5月6日から9日まで、わたしは初めてシンガポールに滞在しました。

空港でツーリストパスを買っておいたので、到着した次の日、バスとシンガポールの地下鉄であるMRTに乗ったり歩いたり、気ままに放浪しながらガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行ってきました。

 

遠くに見えるスーパーツリーグローブ(SUPERTUREE GROVE)と呼ばれる一群です。

こうして対岸から実際に見ていても、CGではないかと思ってしまいます。

 

ネットで買ったチケットを入場チケットに変えるのを忘れて、ベイサンズを歩き回る

ガーデンズ・バイ・ベイのチケットは、お得な価格だったのでVoyaginというサイトで買いました。

 

Eチケットは、マリーナ・ベイ・サンズのホテルタワー3で、入場券に変えてもらわなければなりません。

わたしがそのことを思い出したのは、シャトルバス(往復で3ドル)に乗って、ガーデンの入り口に着いたときでした。
(2018年5月現在)

 

なんとかならないかと、あちらこちらに聞いてまわりましたが、やはりダメでした。

 

30度を超える暑さに疲れ果てて、「もういいや、もう一度チケットを買おうかな」と思いかけたとき、ビジターセンターの係員の男性から、

「歩いて10分。すぐだよ、さあ行った行った。」

と言われて、ようやく気をとりなおしてもと来た道を引き返し始めました。

 

どこでEチケットを入場券に引き換えるか探しまわる

マリーナ・ベイ・サンズのホテルタワーは、外観からも分かるように、3棟あります。

ベイ・サンズの地下鉄の駅からのアプローチの場合、一番手間がタワー1です。

 

この長い間口をもつホテルは、保安のためなのか、道がわのサイドのドアからは入ることができませんでした。

歩いて、ようやくたどりつくも、それらしいコーナーもブースも見当たりません。

(実はガーデンに向かう前に、ここのホテルの57階で飲んでいたので、またここかという気分でした。)

 

また何人かの人に聞いて(みんな、ソコというけど、分からなかった)、ようやく場所がわかりました。

タワー3の入り口ふきん、入ってすぐ左手のこんな外観のブースです。

どう見ても車関係のブースにした見えないです。

なんども通り過ぎていました…。

 

分かるわけない!

 

それでも、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは素晴らしく、疲れが吹っ飛びました

これを見たときは、まるでSFの世界にでも迷い込んだのかと思うほどでした。

この後、夜までいたのですが、それはまた別の記事にします。

 

こんな記事も書いています







広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。