仕事やお買い物に帰りにちょっと一杯と気軽に寄りたくなるのが、帝国ホテルのランデブーラウンジです。

わたしは、女性がひとりで安心してくつろげる、ゆっくりできる空間をいつも探しています。

気にいると、そこが心のオアシスななるのです。

 

ひとりのときは、カウンター席が落ち着けます

広いロビーの一角を占めるランデブーラウンジは、テーブル席とカウンター席、そして喫煙席と分かれています。

このカウンター席は好きなのですが、難点は喫煙できることです。

タバコを吸う人が近くにいた場合は、グランドピアノの側のテーブル席に避難。

奥に広がるテーブル席は、開放的ですが、グランドピアノの周りのこじんまりとした空間は、ひとりの時は、うってつけです。。

 

夜にはグランドピアノの生演奏が始まりまます。

オーダーもしやすい距離、広い空間の中で軽く人のさんざめきを耳にしながら、ぼーっとお酒を楽しむのにはぴったり。

老舗なので、サービスもソツがなく安心して自分一人の時間を楽しめます。

 

ワインやシャンパンの管理の良さと豊富なお酒の種類

ここのお酒、ワインの管理はとても良くて、温度も申し分ないです。

 

写真は、夏の暑さに参って転がりこんだときです。

カクテルはヘミングウェイ・モヒート。

ここは正式なバーではないのですが、ウィスキーはシングルモルトや国産の美味しいものがそろっています。

そのほかグラッパ、ウォッカ、カクテルもレベルが高いです。

(人によっては、微妙な時もあります。)

 

最上階のバー(アクア)より、フラッと入ってフラッと出ていける気軽さが受けているのか、夕方から夜にかけてはかなり混むので、休日の昼間がおすすめです。

 

 

気になるお値段と場所

シャンパンはグラスで2,000円から。

ちなみに紅茶などはポットでてきますので、楽々3杯は楽しめます。

 

コーヒーは、一杯千円くらいですが(2017年現在)、なくなると、いくらでも注いでくれるのでお得です。

 

場所は日比谷駅からですとA13をでてすぐ目の前で、銀座も近くて便利です。

 

こんな記事も書いています



 

ランデブーラウンジ公式ホームページ

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。