わたしは、朝にボリュームたっぷりのサラダを食べることがが好きです。

でも、決めてのドレッシングに悩んでいました(ちょっと大げさな表現ですが)。

どうやったら簡単で美味しいドレッシングができるのかと毎度考えていたのです。

生のハーブを使うのは最高ですが値段が高いのと、保存が効かないのでいつも冷蔵庫にあるとは限りません。

出来合いのドレッシングは、材料が確かな物でも飽きがくるのと、毎日使うと割高、そして自分の好みの味のものがなかなかありませんでした。

写真は、愛用のドレッシングシェーカーです。

液ダレもなくて、ガラス部分は食洗機に対応しています。

(eva-solo ドリップフリー ドレッシングシェーカー 0.25L)

写真のドレッシングシェーカーはAmazonで購入できます。

 

塩味は、食塩の代わりに塩漬のケッパーにしてみたら大当たり

ふと塩味をつけるとき、ケッパーを塩の代わりに使うのはどうかなと思いつきました。

軽く塩抜きして、みじん切りにします。

複雑で美味しいドレッシングやソースを作るために、果てしなくみじん切りの日々を送ってきた私としては、包丁を使うことは極力避けたいのですが、味の決めてなのでここだけは切る作業を自分に課しました。

写真の容器で2ツマミほどの塩漬けのケッパーなので、大した量ではないです。

 

これが美味しかった。

使っているケッパー

 

ハーブはドライハーブで

味と香りを複雑で美味しくするために、ドライハーブを結構たくさん使っています。

バジルやタイムを適当に入れたり、または初めからミックスされた物を使ったりするのも、自分では思いつかない組み合わせなので変化が出て楽しいです。

何より切るという作業をしなくていいのと、ドライなので季節に関わりなく日持ちの心配がないのが最高です。

 

あとは好みのオイルを入れて振るだけ

シェーカーにみじん切りのケッパー(粗みじんだと、わたしが使っているシェーカーでは、詰まってしまう)、大量のドライハーブ、オイルを入れて振るだけです。

塩見は、食塩で調整してもいいですし,手間を惜しまないのであればケッパーのみじん切りを加えてみてください。

 

わたしの場合、オイルはノンフィルターのオリーブオイルをメインにMCTオイルを加えています。

出来上がりに亜麻仁油をひと振りと、気分でミックスペッパーを軽く曳くときもあったりします。

 

こんな記事も書いています






広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。