2017年12月19日、電車のトラブルによる遅延で、午前中の予定が全てつぶれてしまったわたしは、ストレス解消もかねて、上げ膳据え膳の優雅ランチをすることにしました。

そのときは新宿にいたので、さてどこに行こうかだったのですが。

どうせなら行ったことのないレストランで、今いるところから、そう遠くないところにしようと、ひととき考えて。

ホテル会員でありながら、ご縁がなかったミッドタウンにあるリッツ・カールトンのメインダイニング、アジュール45に行くことに決定、幸い予約もとれたのでした。

 

東京湾が見える眺望のいいレストラン、フレンドリーで行き届いたサービス

この日は、全く突然に決めたので、服装もセーターにクラッシュの入ったジーンズに、スエードのロングブーツというトホホな出で立ちでしたが、全く意に介さないスタッフの方々のサービスは、暖かくてかしこまりすぎずフレンドリーなものでした。

席と席の間も、ゆったりした間隔でとられていて、初めての場所にも関わらずリラックスできる空間でした。

この日は天気も良くて、遠く東京湾の見わたせる眺望が気持ちがよかった。

 

料理は、香辛料や果物の香りが五感を刺激する、ワクワクするものでした

写真は魚料理です。

魚はノドグロ、皮目の旨味を引き出し、かすかに洋梨の香りがソースに入っているのが素晴らしかった。

 

シェフの宮崎慎太郎氏は、パティシエからスタートした経歴のせいもあり、盛り付けが造形的で絵画のようです。

 

肉料理ですが、まるでデザートかと思うような、繊細な盛り付けだなと。

 

久しぶりのグランレストランでのランチは、気持ちのいい時間でした。

結構な数のレストランに行っていますが、値段に見合った味とサービス、空間です。

サービス料が15%というのが、ちょっと痛いのが難点といえば難点です。

ランチは4800円から。

 

こんな記事も書いています





 

 

リッツ・カールトン東京公式ホームページ

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。