朝は、いつも洗濯機を回すことから一日がスタートしていましたが、この習慣を止めることにしました。

考えてみれば、わたしは洗濯物を外に干すということをしていないので、夜中以外ならいつでもできる作業です。

頭が冴えている貴重な朝に、単純作業をするのはもったいないなと思いました。

 

洗濯機を回しながらだと、洗濯がプログラムが終了するたびに呼び出されるので集中力が途切れる

長らく主婦だった名残りで、並行作業が癖になっています。

食洗機を回しながら洗濯をして、掃除をしながら夕食用の下ごしらえの手順を考えるという感じで。

でも今は、頭が冴えている朝に、物を書いたり勉強したり判断力が必要な作業をしたいのに、洗濯プログラムが終了するたびに(洗濯機に)呼び出されて作業が中断、集中が途切れるのでがやっかいです。

食洗機は、一度セットしたら放っておけますが、洗濯機は干すか乾燥機に移動させる作業があるのでそうはいかないのが泣き所で。

特にわたしの場合、白いもの(コットン)、色もの、デリケート洗いが必要なもの、ウール、そしてシャツと分けるので、1日に何度も洗濯機に呼びだされます。

立ったり座ったりの繰り返しになっていることに気がついたのです。

 

爽やかな朝は、洗濯をしたくなるけれど、それは外に干していた頃の名残りの習慣

わたしは洗濯物を外に干すという習慣がなくて、デリケートなもの以外は乾燥機です。

乾燥機が使えないものは、浴室に干しています。

洗濯を朝やるのがベストなのは、外に干す場合だけだなと悟ったのでした。

 

マンション住まいのガーデナーなので、ベランダは全て庭となってしまっていて、洗濯物を干す場所もないという事情もありますが、これはガーデンのせいか、習慣なのか、今やわからなくなってしまいました。

 

こんな記事も書いています




広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。