トイレブラシは自分の好みのものがなかなか見つからなかった、掃除道具のひとつでした。

なぜか?

たいがいのものは、ブラシをボックス状のものに収納です。

でも、どうもそのボックスを衛生的に保つのが面倒だったのです。

ブラシは速やかに乾く状態にしておきたい、そんな希望もありました。

 

ブラシを受けるのは素焼きの皿、乾きやすくて手入れが簡単

こちらが現在、わたしの一押しのレデッカーのトイレブラシです。

使ったら軽く水気を切って立てかけるだけ。

木製のブラシ受けはインテリア性も高くて、プラスティックにありがちな無機質な感じがないです。

ふだん、お手洗いに置いておくときは、反対向きして亜鉛シートで覆われた部分側を表にすると、ブラシもこの通りきれいに隠れます。

箱状のものに入っていないので、ブラシは乾きやすく、また素焼きの皿は洗うのも簡単でお手入れが楽々です。

 

ブラシはしっかりとした腰のあるナイロンブラシで、交換ができます

ブラシは、しっかりとしたナイロンブラシ、ありがたいのは、ブラシ(ヘッドの部分)は、交換ができるので、この製品を長く使えることでが、もう一つの一押しの理由です。

 

掃除道具は、ほぼ毎日使う裏方、だからこそ愛着のわくものを使いたいな思い、優れものを探しています。

 

こんな記事も書いています




広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。