海外へ10回(2018年4月現在)旅行して、パスボートケースは、バッグの中でかさばらない、シンプルでペン付きなのを愛用しています。

海外へ旅行に行くときに、もっとも出し入れの多いものはパスポートだと感じています。

わたしは、今よりもさらに旅慣れていない頃に、パスポートを取り出しやすく、かつ機能が凝縮されたケースはないか探しました。

今、愛用していて、イチオシなのがベルロイ(bellroy)から出しているバスポートケース であるレザ ー Passport Sleeve ウォレットです。
よくたっぷり収納のパスポートケースが女性用で見かけますが、厚みがあるとバッグの中でかさばります。

そして意外に必要なのは、出入国カードを機内で書くときのボールペンでした。

 

パスポートケースに求めるもの

写真は、実際にわたしが使っている年季の入ったパスポートケースです。

 

わたしがパスポートケースに求めることは、シンプルなデザインで、最低限の必要なものだけ収納できで、パスポートを素早く取り出すことのできるものです。

 

これは、パスポートの他に、クレジットカード2枚、出入国カードを書くときの小さなボールペンがついてます。

ひと目で何が入っているか確認できます。

この小さなペンがセットになっているのが、とても便利なんです。

バッグの中から、ペンを探し回ることも、持って来るのを忘れることもなくなります。

機内で、出入国カードなど申告書類を書くときに、あたふたしないですみます。

 

飛び出ているタブを引っ張ると、パスポートが出てきます。

反対側のこちらには、ボーディングパスを挟み込んで持ち運んでいます。

 

パスポートは、パスポートコントールまでは、ほとんどバッグにをしまうことはないです。

あとは、ラウンジに入るときに見せなければいけないですね。

手に収まるサイズが、使いやすい逸品です。

 

丈夫です

このパスポートケースは、けっこうラフに扱っていますが、ほつれもほころびも出ず、丈夫です。

これを使って、3年間で10回以上は海外に行っていますが、手に馴染みやすくて安心感があります。

価格は、一万円ほどです。

おすすめ。

 

こんな記事も書いています

わたしがおっかなびっくり、初めてのひとり旅をスタートさせたときの記事です。


 

旅の記事あれこれ。





広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。