2018年4月23日から28日まで、アメリカはミシガン州のデトロイトに滞在しました。

(この記事は、滞在中に書いています。)

日付変更線を越える12時間あまりのフライトでクタクタでしたが、Airbnbで借りたフラットに到着して一休みしたあと、スーパーマーケットに食料の調達に出かけました。

 

初めて高級住宅地ではない地区に部屋を借りました

デトロイトでは、ダウンタウンから車で15分ほどの住宅街に部屋を借りました。

自動車産業が撤退してからは衰退した不況の街なので、高級住宅地と言われるところは全て郊外にあります。

 

今回のわたしは、ダウンタウンのCobo Center で開かれるロボットコンテストのチームの手伝いで来ていたので、会場からあまり離れていない地区に部屋を借りました。

デトロイトに行くことに決めた記事です。

 

いつもは治安を考えて、いわゆる高級住宅地と呼ばれる地区に借りるのですが、アメリカで初めての高級住宅地以外での滞在となりました。

 

歩いて近所のスーパーマーケットに買い出し

お腹も空いていたのと、ミネラルウォーターも欲しかったのでスーパーマーケットへ。

借りた部屋から歩いて2~3分のところにあり、治安が悪いと言われるデトロイトで、プラプラ歩いてスーパーに行くことができるとは思いませんでした。

(地域にもよります。)

 

そこはアラブ系の人が経営しているところでした。

なので、お客さんはムスリムの人が多くて、ベール(ヒジャブやニカブ)をした女性がほとんどでした。

このあたりは(Hamtramck)、イスラム教徒の人が多く住んでいるようです。

 

アラブ系の料理に使われるフレッシュなハーブがたくさんあり、香りがよかった。

個人的には、バジルが欲しかったなぁ。

 

アメリカ的感覚では小さなスーパーマーケットでしたが、当座をしのぐには十分で、会計のときに「シュクラム(ありがとう)」と言ったら、急に和みました。

いかついアラブ系の男性がフレンドリーな笑顔になって、わたしは少しだけ見知らぬよそ者ではなくなったようでした。

 

地元の人のライフスタイルが見えるスーパーマーケット

今回は、アラブ系の人が多いらしく、食料品はハラルHalal(イスラム法上、食べることが許されているもの)のものが多いのが印象的でした。

シリアのフレッシュチーズは、初めてお目にかかりました。

 

シアトルのスーパーマーケットのようなお総菜は、ほとんどありません。

共働きは少ないのかな。

スーパーマーケットは、地元を知るには一番の場所ですね。

 

シアトル でのスーパーマーケットの記事です。

 

こんな記事も書いています





 

デトロイトでこのSIMカードが使えます

広告

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。