こんにちは、旅とおしゃれが大好きなアラ還のブロガーのマリです。

2018年7月4日、10年ぶりくらい?に青山は表参道のアラン・デュカスのブノワに行ってきました。

ここは、オープンしたばかりの頃に、一度行っていました。

その後ブノワは一時閉鎖され、今回、ビストロとなったブノワには初めて伺いました。

ビストロになって、お腹にくるしっかりした料理が比較的お手ごろ価格になっていました。

 

ランチのコースは3種類、お腹の空き具合でえらべます

ランチは、以下の三つのコースがあります。

  1. 前菜+メインディッシュ+デザート+コーヒー 3,800円
  2. 前菜2品+メインディッシュ+デザート+コーヒー 4,800円
  3. 前菜2品+メインディッシュ2品+デザート+コーヒー 6,500円

プリフィクスなので、高いコースが良い素材が使われているわけではなくて、お腹の空き具合と自分のお財布と相談して選ぶことができます。

わたしは、このとき朝ごはんを食べていなくて、お腹が空き切っていたので4,800円のコースを選びました。

 

お料理は、洗練されたビストロ料理

いくらビストロと言っても、そこはアラン・デュカス、洗練された味でした。

まずは「田舎風テリーヌ、緑レンズ豆のサラダ」が、最初の前菜です。

わたしは、あちらこちらのレストランで田舎風テリーヌをいただいていますか、上品な味です。

塩してから半月寝かせているそうで、納得でした。

欲を言えば、もう少し厚めに切って欲しいな…。

この後、2番目の前菜出てある「キヌアの”クックポット”タコ、パブリカ、ルッコラとクルミ」がきます。

メインは、がっちりと食べてかったので、「牛のハヴェットステーキ パニスのフリット 赤ワインとエシャロットソース」です。

スタッフの説明入りで、動画を作成していますのでご覧ください。

 

感想です

海外をあちこち旅して感じることは、日本ほどレベルの高い料理をお手ごろ価格でいただける国はないな、と感じます。

ワインやシャンパンなどは、生産国はいうことでフランスなど現地の方がお安いですが、総合して東京は素晴らしいと感じます。

わたしは、他の地域のフレンチは、大阪と京都くらいしか経験していないのですが、同じように感じます。

海外で、現地のローカルフードも大いに楽しみますが、東京のフレンチが大好きです。

 

お客様から元気と自信を引き出し、ステージアップしていただくことが得意なわたしの、やっていること

メルマガを書いています。

ブログでは少し書きにくいようなこと,お役に立つこと、人生のステージアップが加速することなどを、お送りしています。読んでいただけたら嬉しいです。

 

ホテルのバーやレストランで、上質のサービスを受けるためのノウハウをご紹介しているステップメールです。

20代からホテルを使い続け、ご縁をいただいている経験から得たものを書いております。

読まれましたら、ホテルのバーなどで優雅に振舞う自信をつけることができます。

また、私自身、障害のある子供を育てた長く苦しい経験から、アラ還でモデルになるなど、様々な経験をしています。

今、自分ができることは、明確に終わりの見えない困難の中にいる方へ、乗り越えるための気力の持つ力をお伝えすることだと考えております。
大丈夫です。
乗り越える強さを、見つけることができます。

短時間のセッションもございます。

詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

ご自身のビジネスをお人柄を、高画質のスタジオでライブ配信をして、広く知っていただくことができます。

わたしは、対談型のネット配信スタジオで、MC(司会)をやっております。

(スタジオは、東京のヒマナイヌスタジオ です。ありがたいことに、海外からもお話になるめ、お越しになるゲストの方もいらっしゃいます。)

わたしは、お話して、その方の魅力、人となりを引き出すこと、ご自身の考えをまとめていただくことのお手伝いを得意としています。

ライブ配信は、ダウンロードして、YouTubeやホームページに貼り付けることにより、ご自身の紹介動画としても使えます。
詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。


 

こんな記事も書いています








 

Benoit(ブノワ東京)の公式ホームページ

広告

この記事を書いた人

マリ

マリ

マリです。
わたしににとってブログは、その時々に感じたことや考えたことを、飾らずに書き留めている日々の記録です。
もしこれらの記事がどなたかのお役に立ったり、共感を得ていただけたとしたら嬉しいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。