ブログは、どなたかのお役に立つ内容を書くのが本道なのですが、わたしの母が認知症になり、昔の細かい思出を、二人でおしゃべりできなくなってきました。

わたし自身も、忘れかけていることがあって、思い出す度にブログで綴ってみることしました。

母との思い出を記録しておきたいからです。

満州という壮麗な都市で、実業家の家に育った母は、終戦で命からがら引き上げてきて、先祖代々の土地がある東北の県庁所在地に住み、父と結婚しました。

母は、幼い頃から15才という多感な年齢まで日本で育っていないせいか、感覚や趣味がヨーロッパナイズされていて、このことは地方都市で一介のサラリーマン家庭で育ったわたしを、ある意味、苦労させました。

そして、同じ県内の海辺の港町に転勤して、わたしの小学校生活がスタートします。

高度経済成長の後半のころです。

工業製品、大量生産の真っ只中で、庶民の周りの物は、今の感覚で言えば粗悪品でした。

母はそんなものに苛立ち、特に子供が口に入れるものには、当時の感覚では信じられないくらい神経質に気を使いました。

 

やっと訛りに慣れて、友達と馴染んできたのに

父も大学が東京、母も外地育ちなので、二人ともいわゆる訛りがありませんでした。

おまけに、優雅な言葉づかいの母は、借り上げ社宅となった公団アパートようなところでは異彩を放っていたと思います。

そんな親のおかげで、引っ越しして一番困ったのがお友達が何を言っているのか、さっぱりわからないという時があることでした。

小学校に入る直前のことです。

訛りがある言葉に、初めて出会いました。

もう、言葉でつまづいているのに、さらに追い討ちをかけることがでてきます。

当時、親から10円とか20円をもらって、お友達と近所の駄菓子屋さんでアイスクリームを買うのが、流行り?でした。

ところが、これを母が許さないのです。

まず、躾の観点から、そして、「あれはアイスクリームなんかではないわ、本当にひどい製品」などと言うのです。

以下、本人の独白。

美味しくないと言われても、それしかないし…。

なんで自分だけ、お金がない家って本当に不幸…(実際、余裕はなかったと思う)。

やっと言葉の壁を克服して、お友達と遊び始めたのに…。

不満そうなわたしに、母は、まだ手のかかる二人の弟や妹もいたのですが、

「アイスクリームなら、本物をお母様が作ってあげます」

と言ったのでした。

アイスクリームは、何やら、大きな設備の工場で作るイメージだったわたしは、本当に家庭であんな高度な?ものができるのだろうかが当時の気持ちでした。

空気の入っていないアイスクリームは、シャーベット

原材料、新鮮な卵、牛乳、お砂糖、これで母は、本物のアイスクリームなるものを作り始めました。

(この卵も、生卵を使うから新鮮でなければと言うことで、はるばる養鶏場に行って買ってくる親、つき合わされて鶏糞の臭いにウンザリの私です。)

今にし思えば、育ったころの味が懐かしく、恋しかったのかもしれませんが。

で、出来上がってのは、単なる卵とミルクの味のシャーベットでした…。

当時の地方都市では、まだ生クリームが手に入りにくかったし、おまけに、時々かき混ぜる程度では、空気が入ったあの柔らかな食感にはなりませんで…。

だいだい、使用人に囲まれて育った母が、見よう見まねで味の記憶を頼りに作ったものです。

感想は…、「駄菓子屋さんで、売っているアイスクリームの方が美味しい」でした。

この本音は、真面目なわたしは、親には言えなかったですが。

 

お菓子の受難は続きます

その後、流行りのお菓子がでるたびに、母が食べることを許さず手作りするので、わたしの受難は続きます。

ポッキーとか、プリンとか。

それは、また後ほど忘備録として書いていこうと思います。

のちに東京の広尾にあった、あるブティックのマダムと出会い、やはり満州で育った彼女の言うことと、母の言うことが同じであることを知ります。

自分と同じ文化を過ごした親を持つことから、わたしは随分と可愛がっていただきました。

最近、昔を思い出すと、懐かしさよりも胸が苦しくなります。

そのマダムに関する記事は、こちらから。

 

人に元気と自信を持っていただくことが得意なわたしの、やっていること

メルマガを書いています。

ブログでは少し書きにくいようなこと,お役に立つこと、人生のステージアップが加速することなどを、お送りしています。読んでいただけたら嬉しいです。

ホテルのバーやレストランで、上質のサービスを受けるためのノウハウをご紹介しているステップメールです。

20代からホテルを使い続け、ご縁をいただいている経験から得たものを書いております。

読まれましたら、ホテルのバーなどで優雅に振舞う自信をつけることができます。

また、私自身、障害のある子供を育てた長く苦しい経験から、アラ還でモデルになるなど、様々な経験をしています。

今、自分ができることは、明確に終わりの見えない困難の中にいる方へ、乗り越えるための気力の持つ力をお伝えすることだと考えております。
お気持ちが楽になり、明日を頑張る気力が出てくるセッションです。

短時間のセッションもございます。

 

ご自身のビジネスをお人柄を、高画質のスタジオでライブ配信をして、広く知っていただくことができます。

わたしは、対談型のネット配信スタジオで、MC(司会)をやっております。

(スタジオは、東京のヒマナイヌスタジオ です。ありがたいことに、海外からもお話になるめ、お越しになるゲストの方もいらっしゃいます。)

わたしは、お話して、その方の魅力、人となりを引き出すこと、ご自身の考えをまとめていただくことのお手伝いを得意としています。

ライブ配信は、ダウンロードして、YouTubeやホームページに貼り付けることにより、ご自身の紹介動画としても使えます。
詳しくは、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

こんな記事も書いています




広告

この記事を書いた人

マリ

マリ

マリです。
わたしににとってブログは、その時々に感じたことや考えたことを、飾らずに書き留めている日々の記録です。
もしこれらの記事がどなたかのお役に立ったり、共感を得ていただけたとしたら嬉しいです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。